2015年09月08日

2015年9月7日のラヂオ

三宅:2015年9月7日(月)24時を回りました。
結構ですね24時間テレビに対するですね、メールが沢山届いているので
紹介していきたいと思います。

■ラジオ・ネーム:ゆうか
健君スタッフの皆さんこんばんは毎週楽しみに拝聴させてもらってます。
24時間テレビお疲れ様でした!
私は、お父さんと見てたんですが、急にお父さんが『この人凄いね、誰?』と言われて、テレビを見ると健君が写っていました。
私は、『V6の三宅健君だよ。』と言うと、『へぇ〜どういう人?』と、聞かれ健君の事を言うと、納得したように、『凄い人だね。お前も、こういう人見たいに、律儀で色々出来るようになれよ。』と言われました。
そのあと、続けて『ダンスも上手だな』と言っていたので、嬉しくて、自慢するように『そりゃ〜そうだよ〜』と言ってから、そのあとも、色々健君のこと話していました。
あまりお父さんと話さないんですが、健君のおかげで話が出来ました。ありがとうございます。

三宅:ここでもつながっているというね、24時間テレビのテーマ繋ぐですから、ここで24時間テレビを通してお父さんと娘が更に深く繋がったという。
コネクトされているわけですよ。
やっぱりそりゃお父さんも気になりますよ娘が興味を持つものに対しては、興味はありますよ。

「三宅健のラヂオ」

三宅:いや〜24時間凄かったな〜。
1日や2日では疲れは取れないんだね。
24時間ってこんなだったんだっていうね、いやでも実質事前番組とか、リハーサルとかを含むと24時間じゃなくて、35時間ぐらいやってるんだけどね(笑)
まぁそんな事を言ったらスタッフさんはおそらく3日ぐらい寝てないと思いますので、本当に大変だったと思いますから、そんな僕らごときが、言えたもんじゃないんですけど。
そのぐらい寝てないでしょうねスタッフさんたちは。
いや〜、でも凄いね尾を引くっていうね、次の日とかも尾を引くし、リハーサルをやっててもなんかV6全員どんよりしてたもんね。
でもそもそもなんで24時間も起きてなくちゃいけないんだろうな。
俺24時間テレビの人にそれ聞けばよかった。
でも自分がやってて思ったのは24時間って日々過ごしている時間で昨日も今日も明日もさ、前に続くものでさ、当たり前の1日、当たり前のように過ぎ去っていく時間なんだけど、あれだけ濃い24時間って普段の生活の中ではないわけだから、やる方もやるほうだけど、見る方も24時間テレビに張り付いていらっしゃると思いますけど、見てる方も大変だと思うよ。
あれ凄いね眠気覚ましドリンク、俺は眠々の方にしたの、で、剛は強強の方にしたの(笑)
でヤベーぜ健とか言って、アイツいつの間にか注入してきて、完全復活だとかってアイツ言ってて、マヂでって思って、
でもこれ摂取するタイミング重要じゃないってなって、14時まで頑張ろうかなって思って、我慢してたんだよね、で我慢してたら途中で剛がヤベ、もう切れたって言ってて、無理だもう切れたって(笑)
まぁでもなんとか乗りきれたけど、それよりもストンプが気がかりだったから、正直ね本当にストンプとか苦手だから、リズムもの苦手だからさ、センターにされた日にはどうしようかと思っちゃった、何故俺のところにって。
あとやっぱ、苦手だったけど、とにかく子供達が凄い頑張ってたから、それだけが僕のモチベーションだったから、あの子達が頑張ってたから本当に頑張らなきゃいけないって思いましたね。
毎日2時間ぐらいの練習を1ッヶ月間続けて、僕らだってやり始めたの8月入ってからだから、もっと早く始めたかった。
でも凄くない?これ焦るでしょ8月に入ってあれやらないといけないって結構焦らない?
しかも俺とかそういうの得意だったら良いのに、凄い苦手って言って、マネージャーとかに無理だよって言って、もっと早くにやらしてよってずっと言ってたんだから。
だから実質そんなに練習できなったもんね。
みんなとやったのなんて、4回ぐらいだからね、あと個人だもん。
あと個人で練習だもんね。
いやほらなんか子供達と一緒に練習しないとさ、分からないしさ、一人で練習してたって何にも上手くならないからさ、いやでもとにかく本当にみんなよく頑張ってたと思うな。
もうだって僕らだってさ覚えるの大変だし、あのリズムをならすのも大変だったから、その聞こえない子たちがあのリズムを奏でるって相当大変な事だと思うよ。
まぁ、ONAIRではそこまで使われてないけど、やっぱりコンダクターって僕らの前にいる人達の役割ね、その人達がいなくなったら急にみんなバラバラになっちゃうの。
おもいおもい自分のリズムでやっちゃうから、やっぱりコンダクターの人がいるからそれに釣られて出来るっていう部分があるから、やっぱそれは凄いね難しいなって思ったね。
で、この本番にどちらかというと弱い私がそこを任されちゃうっていう、V6全員が健で大丈夫なのっていう、みんな思ってたと思うけどね。
ちゃんと知らないけど、HeySayJUMPにもリズム系が得意じゃない奴居るらしくて、ちょっと大変そうだったけどね、有岡とかもたまにタイミングが違うんだもん(笑)
いや〜でも結構カット割りとか見えてない部分とか沢山あってさ、多分写ってないんだけど、最初のHeySayJUMPのパートのところで、圭人が車いすの子たちとフィフスバンプって言って、手でパンパンする奴があるんだけど、それをやってる時のアイツの車いすの子供達に向ける笑顔がなんかね、凄いね優しいのよ、凄いなんかね凄いあの、これ俺だったら惚れちゃうやつだなって、なんかね凄い優しい顔をしてさやっててさ、それが凄い印象的だったんだけど、ONAIR上ではそこは全く写ってなかったんだけど、僕がもしカメラマンだったらそこを抜きたかったね。
僕はこっち側サイド、テレビから見たら左側サイドの事しか分からないけど、起きている出来事としては、右側サイドでは僕が見てないような光景がいっぱいあるんだろうけどさ、なんかそういうのとかね、ただただ伊野尾だけは何もやってないっていうね。
びっくりしたよ。最初練習でみんな結構これヤバイなって言って、これ間に合わないだろってなってみんなV6焦ってたの、で、一応スタッフの人がデモンストレーションでダンサーの人達がやってくれたやつを見せてもらって、あれこれ真ん中の人だれっておさるのおもちゃみたいになって、チンドンチンドンやってる奴が居て、なんだこれ、何だ伊野尾何もやってないじゃんって話になって、アイツらくしてるんだよな。
合同練習を初めてやった時に、もっと首を左右に振れっていうのは俺と井ノ原くんと岡田で演出したんだから、ディレクションしたんだから、お前ただあそこに座ってるだけじゃダメだよってあそこに座るんだったらセンターに座るんだったら、そうとう可愛くやらないとダメだぞって話をして、絶対に首を横にふりふりしたらファンの人が増えるからそれをやれって、俺が保証してやるって言ったの。
で、最初のうちは遠慮がちでやってるから、もっと堂々とメトロノームになったつもりでやれって、お前がチクタクだよってそのぐらいのつもりでやらないとだめだって言って、でもアイツが可愛く見えたらそれで良いじゃんって話で。
あそこはファンの人達には響いたのかな?
でも言われたら「はい!」って言ってやるから素直だよね。
本当に大変だったな。
でも良かった楽しかったもん。
ストンプしばらく尾を引きそうですよ。

〜♪ MUSIC〜
V6「ジャスミン」

三宅:いや〜24時間色んな事がいっぱいありましたけど

■ラジオネーム*あやな
健ちゃん、スタッフのみなさん、こんばんはー
毎週楽しく拝聴させていただいています!
健ちゃん、24時間TVお疲れ様でした(∩´∀`∩)
V6皆さんの仲の良さ、後輩のJUMPくんたちへのいじり、生嵐にしやがれでのジャニーズならではの秘話。
とてもとても楽しかったです!
健ちゃんは、ストンプの企画では唯一手話で話すことができ、流石世界の三宅健だなと思いました(*´-`*)
今回の24時間TVで、ますます健ちゃんへの愛が深まりました!
この波に乗って20周年ANNIVERSARYツアー楽しみにしています!
長文失礼しました(´-`)

三宅:ありがとうございます。
そうですよ嵐にしやがれでの三大グループ共演のあれね、あれも生放送だからさ、あれやっぱ生放送って難しいと思った。
やっぱり芸人さん居ないと難しいな。
芸人さん居て欲しかったな〜。
なんとなく思ったの、ジャニーズだけでやるとちょっとフワフワってしちゃうかなっと思ってさ、芸人さんのズバッと入ってくるあのツッコミがないと、回収されないじゃない、どんなボケをしようとも、あれ大変だったから言いたいことなんてないんだから基本的には文句もないし、謝りたいこともないし、でもアンケート書かないといけないから、書いてさ、しいてあげるならHeySayJUMPとの食事会ぐらいかな〜と思ってさ、絞り出してさなんて説明したら良いんだろうな、見た人しかわからないんだけどさ、食事会が本当に長いテーブルで中華料理を食べたんだけど、カミセンとトニセンに分かれてて、かろうじて近くに居た長野くんの話が出たじゃない、でもその長野くんが居ないわけよ、烏骨鶏の卵をとりに行っちゃってるし、坂本くんと井ノ原くんたちはなんか、山田とか、圭人とか、あっちの辺の人達と楽しくワイワイやってて、剛と俺と岡田の居た側に、一番奥に中島、その隣が岡田、岡田の左隣が伊野尾、その隣が僕三宅で、その真向かいに居たのが高木、高木の右隣が長野くん、その高木の左隣に知念、その知念の左隣に居たのが剛、だったの。
っていう順番で並んでたの。
で、あ、俺の隣は藪が居たんだ。

中島
剛 岡田
知念 伊野尾
高木 三宅
長野 藪

三宅:そういう事が行われて、別に対してないんだけどさ、本当にびっくりしたの、自分たちの世代じゃ考えられないから、もし例えばSMAPと僕らが食事するってなったら、それは出来ないなって、単純に箸止まるだろうっていうさ、話だったの、そんな話で盛り上がったのやっぱり今時の子って違うなって、若いなってやっぱり世代が違うんだなって盛り上がったらか、しいてこの番組であげるならそれしかないかなって思ってさ、そしたら森田と岡田ノッてこないしさ、あんな散々盛り上がってたのに、困ったなって思ってさ、JUMPも言われたら分からないけど、噛み付いてくるかなって思ったらさ、黙っちゃったからさ、おいおいおいって思ってさ、しょうが無いこれは最終的にそんなこんなで散々俺たち盛り上がってお前らのお陰で絆が深まったというか、まぁ結果的にありがとうなみたいな事で終わらそうとおもったら、時間がなくてさ、岡田の一言があったからあれ救われたけどさ、それでCM行っちゃったからさ、生放送って怖いね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おやす未使用
posted by 三宅健のラヂオ at 01:00| 日記
最近の記事
過去ログ
カテゴリ
日記(507)