2018年01月16日

2018年1月15日のラヂオ

三宅:2018年1月15日㈪24時をまわりました。
さぁ、というわけで行きましょう。

「三宅健のラヂオ」

三宅:え?早すぎるって?
いや〜、先週のラジオ、どんな風になったかなと思ってさ。
ミヤケンコさんと、僕三宅健と、ますPの対談形式のラジオ。
ミヤケンコのレッツゴーナイト、それをどんなふうな感じになったのかな〜と思って気になってたから、ラジコで聞いたんだよ。自分で自分のラジオを(笑)
まぁやっぱりウチの三宅健のラヂオチームが、丹精込めて上手いこと編集しててくれたみたいで(笑)
素晴らしいチーム力だと思いますよ。
勿論あれですよ、別録りとかじゃなくて(笑)本当に同時でやってたよね。
俺も本当に落語家さんみたいに右に振って、左に振ってやってたよね。
大変だったよね〜。
いや〜くだらないね(笑)良いよねなんか、ラジオだから出来る事だよね(笑)姿形が見えないからね。
本当はね、ますPがもっと入って来なきゃいけないの、入ってこないんだもん、対談なんだから、もっと入ってこないと、コッチ忙しいんだから一人二役で。

ま:やっぱりなんか、あのミヤケンコさんの間に入っていくタイミングがわからなかった(笑)

三宅:でもあれ聞いてみて思ったけど、ミヤケンコの圧が凄すぎて、全くそのリメンバーユアラブの、どういった経緯で作られたかの解説、全く内容が入ってこなかった(笑)もう何なのっていうぐらい熱苦しくてさ、入ってこなかったね内容が。
いや〜くだらないね〜。

ま:でも巷では神回だったと。

三宅:そうなの?へぇ〜。
喜んで貰えたんだ。それは良かったですよ。
あれね、なんかラジオにもメールが来てたけど、昔、学校へ行こうで僕がやった金髪ギャルの女子高生でミヤケンコってキャラクターをやったんですけど、名前がミヤケンコなだけで、別にそれが進化した意味合いでやってるんじゃなくて(笑)ミヤケンコっていうインタビュアーはですね、実際に実在する方がいらっしゃるんですよ、僕達V6にインタビューをしてくれてるインタビュアーさんが居て、あ〜いう感じだよね(笑)まさにミヤケンコのような、ミヤケンコのほうが更にデフォルメされてる感は否めないけども、まぁ基本的にはあの感じだよね。奇抜な髪の毛に黒い丸ブチメガネのお姉様なんだけどね。でも凄く音楽ライターの方で、とにかく音楽に詳しくて、V6の楽曲パフォーマンスっていうのを愛してくれて、そこに愛を持ってインタビューをしてくれるインタビュアーさんだよね。
何だけど、たまにあ〜言った感じで脱線していく感じなんだよね。その人の口癖が「なるほど、なる程ですね」っていうんだよね(笑)あと、後半に差し掛かってくると、編集の人がそろそろお時間がみたいな感じでテーブルの下でヒザマづいてライターさんに耳打ちしてるわけ、メモみたいなのを見せて、あと何分ですみたいな、そうするとそのライターさんが必ず聞いてくるのが、V6さんも素晴らしいめざましいご活躍ぶりでございますけども、今後のV6の未来予想図教えていただきたいんですけどもって聞いてくるんだよ、いや別に何も決まってないよねって井ノ原くんとかと喋ったりしてると、いやでもそろそろアルバムの発売とか、有ったりするんでしょうかってグイグイ聞いてくるんだよね。で、来年はコンサートの方はとか、ファンの皆さんも心待ちにしてると思いますからとかって、いつも聞いてくるんだよね。
あの人面白いよな。
ライターさんって色んな人が居るよね、インタビューって難しいと思う。
相性もあるしさ、その人と、導き方が上手な人もいれば、なかなか導くのがお上手じゃない人も居るし、あとはそのインタビュー記事のまとめ方が上手な人。
言葉足らずな部分が僕達、インタビュー受ける側にもあったりするんですけど、それをちゃんと言いたいこと、伝えたいことっていうのをちゃんと汲み取ってくれて、咀嚼した上で、インタビューを読む人達が読みやすい、その読み手側に伝わりやすい文章にちゃんと構成し直して、書いてくれてる人もいれば、本当に中にはさ、インタビューで質問を受けた時に、そうですね〜う〜んそうですね〜う〜んっていうのが、そのまま文字になってるような人も居るもんね。もしかしたらそのライターさんはもしかしたら、現場の生の空気感っていうのを伝えたいって趣旨で、そうしてるのかもしれないけど、僕がそれをもしチェック下としたら、僕の赤ペン先生はバッサリ切りますけどね。
難しいなと思うのは、例えば僕達の事を10代の頃から知っているライターさんとかも中には居たりして、そうするとその当時ってなんとかっすとか、そうっすねみたいなニュアンスの言葉を子供だから喋ってたわけ、でも今大人になっておじさんになってさ、勿論そのライターさんとの関係性は10代の時の関係性なんだと思うんだよ、その人にとっては、僕も懐かしいと思うし、その関係性は変わらないと思うんだけど、でもコッチはやっぱり大人としての対応をしたいって思うから、敬語を使い、喋るんだけども、例えば何かを答えたとしたら、「そうですね、はい、そうなんです、僕はそう思います」って言うんだけど、インタビューの記事出来上がったのを見たら「そっすね、まぁそんな感じっすかね」みたいな、えぇー!みたいな(笑)そんな語尾じゃないって、そんな語尾発してないって思うことあるわけよ、そういうのを赤ペンしないと行けないじゃない、その人のイメージの中では、10代の健ちゃんで時間が停まってるから、良かれと思ってさ親しみを込めてやってくれてるんだと思うんだけど、だからニコ健。書く時も結構時間かかってるんだよ、推敲してるんだから。ニコ健。書くでしょ自分で、書いて、勿論僕文章のプロじゃないから間違ってる使い方したりしてる事もあると思うし、誤字脱字もあると思いますけど、書いたら一応音読するんですよ、音読して、読んでる人が苦しくない、息が苦しくなってこないところで、句読点を打ったり、丸をつけたり、っていう風な工夫はしてますけど、まぁそれと同じで記事も読んでる方が読みやすい記事になったら良いんじゃないかなって思ったり、なくなっちゃったけど、アクチュールっていう雑誌、僕が連載やらせて頂いてたんですけど、その時のライターさん、岩城さんっていう方がいらっしゃって、その人も本当に素晴らしいインタビューを書いてくれる人で、その人が僕の記事を書いてくれるのであれば、その連載をやりたいですっていって始まったんだけど、その人はライターさんやめて、ジャーナリストになったのかな、英語も堪能なひとでさ、海外でも、日本でもそういう雑誌以外も舞台のパンフレットのインタビューも書いたり、野田秀樹さんの舞台の外国人の俳優さんが出演した時のインタビューをしたり、で、ジャーナリストになるとかって言って、確かロンドンか、イギリスか何処かに行っちゃって、ライターさんじゃなくなっちゃったんだけどね。
なかなかね本当に素晴らしい文章を書く人でしたね。
でもライターさんの仕事も大変だよね。
編集さんからコレを聞いて欲しいっていう必須項目みたいなものもあれば、でもやっぱりその日のタレントさん、俳優さん、アーティストの人達のコンディションもあるじゃない、その人がその時に伝えたいことっていうのと、その人達が聞きたいことのズレが生じると、また難しいじゃん、だから大変だよね。
でも最近思ってるんだ、インタビュー中に記事に出来ないような事とかよく喋ったりとかしてるけどさ、それが僕がもしねこの世を去った時に、あとあと出てきたりしたら困っちゃうなって思ったりとかするから、最近言動には気をつけようと思って。

ま:(笑)一言一言に重みを持って頂いて。

三宅:そしたら一言一言に重みを持ったら、30分ほぼほぼ無言だよ。
だから先に言っておくよ、このラジオで語られてることは全てフィクションです(笑)
それを踏まえた上で、このラジオを聞いていただきたい。

ま:(笑)そうだったんですか?(笑)

三宅:そうだよ(笑)そもそも、そもそも論だよ、僕自信もよく分かってない。虚像そのものだから、もしくはだって、実はさ起きてないかもしれない俺も、本当は、この時間帯自体がもうファンタジー何だから(笑)エンドレスファンタジー。
私三宅健の身体の半分は水分じゃなくて、デタラメで出来てますから(笑)
そうでしょ?
そうだよ、デタラメハッタリだけで生きてきてるんだから。
コレを先に言ってるんだから、何を言ったって構わないよね、フィクションなんだから。
過去10年遡って全部フィクションだっていう事だよ。
そういった、エンターテイメントショーだから、このラジオ。
そこの無駄な時間を過ごしたいあなた!ようこそ、三宅健のラヂオへ!!っていう(笑)感じだよね(笑)

ま:この番組を一週間楽しみに待っている人も世の中には沢山いらっしゃる

三宅:そりゃ居るよ。居るでしょうよ。そりゃ居るでしょうけど、関東適当会の代表みたいなもんですから私。
この間も友だちに言われたんだよ、へぇって言ってるときって話聞いてないでしょって(笑)そう!その通り!あたり!!って(笑)
で、なんの話をしてたんだっけ?あ!ミヤケンコか。
まぁでも喜んでいただけたんなら良かったですよ。
先週あまり、ミヤケンコさんのキャラが強烈過ぎて内容が入ってこなかったって方もいらっしゃるかもしれないので、その端的に言うと、リメンバーユアラブの作詞の世界観のモチーフになったのが、永い言い訳だったという事なんですけども、本当にあの映画が凄くよくて、僕の中ではですよ、僕の基準の中で良い映画っていうのは、映画館で見て良い映画であり、家のテレビで見ても良い映画、それが良い映画、どちらのサイズで見ても良い映画と思える映画が僕の基準の中での良い映画。西川監督がね、オリジナル脚本にこだわって、やっているっていう事が素晴らしいなと思って、いや〜本当に良い映画、是非とも見てない方には見ていただきたい。と私は思っております。

ま:また何処かでミヤケンコさんが登場してくれたら(笑)

三宅:いや〜大変なんだから(笑)大変なんだから台本もなんにもないんだからさ、なに?即興コント?何あれ(笑)即興一人コント?ヤバイねあれね、ミヤケンコと自分とぐらいしか出来ないな。あと、時々平泉成さんとか。あと何ができるかな?クロちゃんも出来るか。あぁ〜陳さん居たわ!陳さんも出てきたら大変だな〜。陳さんを俺に伝授してくれた劉さんっていう人が、福島カツシゲっていうかっちゃんっていう俳優さんなんだけど、僕が以前舞台でご一緒させていただいた俳優さんなんだけど、その人が劉さんってキャラクターをやっていて、その人の劉さんがあまりにも面白くて、僕がその人に志願して僕もそのネタをやりたいって言って、お芝居の稽古をしながら、お芝居の稽古が終わった後、その人と一緒に飲み行って、ご飯を食べに行きながら、劉さんと、陳さんとして会話をずっと続けて一ヶ月、それで会得したんですよ。で、よくあるじゃないですか、そのモノマネ、一言モノマネじゃなくて、一時間ないし、二時間そのキャラクターで喋ってられるキャラクターを習得したいと思ったんですよ、なので毎日お芝居の稽古が終わった後に、劉さんと、陳さんとして会って、わざわざマックとかで劉さんと、陳さんで待ち合わせして、注文とかも全部、劉さんと、陳さんとして注文をしたり、するっていうね、本当はだからいっときね、暇だった時に劉さんと陳さんで、軽い気持ちじゃないよ、マジでそんな事をしたら事務所に怒られるんだろうなって言いながら、M1出ようとしてたんだから、コント作って。マジで。そのぐらい2人で盛り上がってたの。流石に怒られるんだろうって話で。絶対に劉さんと、陳さんはもしやったら面白いと思うんだけどな。まぁでも確実に陳さんより、劉さんの方が面白いけどね、本家だから。
2人でよくギャグとか考案してたな。

■ラジオネーム:ここちゃん
健くん スタッフの皆さん あけましておめでとうございます。今年もおもしろいラヂオの時間をよろしくお願いします。
これが今年初めて健くんに送るメールになります。曲のリクエストをしてもいいでしょうか?
Coming Centuryの 「Yo! You!!」がとっても聞きたいんです。
わたしは2015年からV6にハマった新規なのですが、ちまちまと CDを集めていて、2018年はV6の曲を全て手に入れたいと意気込んでおります(笑)ただ、今は無くなってしまった8センチCDが なかなか手に入らないです。。。( ; ; )1999年は、今のわたしと近い年齢の健くんの声が聞けて 最近の曲とは全く違う感じがしますにこにこ️どちらの健くんもだいだいだいだいだーいすきですてれてれよろしくお願いします。

三宅:ありがとうございます。
そうですね、18歳、その頃の声はねやっぱり全然違うでしょうね。よくこの頃は鼻にかけて歌を歌ってた気がしますね。
人に混ざりたくなくて、今思えばをそんな事しなくても充分変わった声だったんですけどね。
「Yo! You!!」ね、良い曲だよね。

〜♪ MUSIC〜
Coming Century「Yo! You!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おやすミルクホイップクリーム
posted by 三宅健のラヂオ at 01:00| 日記
最近の記事
過去ログ
カテゴリ
日記(525)