2019年01月29日

2019年1月28日のラヂオ

三宅:2019年1月28日(月)24時を回りました。
さっそくメールを読んでいきましょう。

■ラジオ・ネーム:まりあ
健くん、スタッフの皆さんこんばんは!
今日はお願いがあってメールをさせてもらいました。私は、アウトデラックスを見てからずっと陳さんのことが頭から離れられません!よかったら、陳さんをラジオに呼んでください!!

三宅:昔出た事があるんですよね、陳さんも劉さんも。このラジオに。2人で。ファンの方のお悩み相談に答えるという、なんの解決にもなってないっていう。。。大体、「たいちょうぷ、たいちょうぷ」って言って終わるっていう。また機会があったら、陳さんだけと言わず、劉さんも一緒に来てもらいたいですよね。

■ラジオ・ネーム:ちっち
先日のアウトデラックスの三宅さんを拝見して、こんなに面白い人だったのか!
てか、39歳って!かわいすぎ!何なの、気になりすぎる!
となりまして、気づけばラジオ聞いちゃってる始末なのです。
同じ年代なので、若いころから知っていますが、今までその魅力に気づけなかったのか、
今の三宅さんだから惹かれたのか、びっくりするほど、ズルズルはまっちゃて困っています。
三宅さんも、このようなことありますか?笑
ちなみに、にこ健まで見出す始末です。

へー、ジャニーズファンなのかなー。書いてないもんねー。箸にも棒にも引っかかっちゃったかー(笑)。ようこそ!!!ようこそ、三宅健のめくるめく世界へ。迷宮入りですよ。出られません(笑)。そうかー、どうなんですかねー、僕自体はそんなに変わってないですからね。やってることは。この陳さんと劉さんだって、2010年からやってますからね(笑)。だから、一周回って、時代が追いついて来た感じがありますね。常に半歩、いや、二歩先いっちゃってる感じなんで(笑)。行き過ぎちゃうんですよね(笑)。
ということなんですかねー、分からないですけども。
いやー、だから面白いもんだよね。時代に合うとかさ、そういうのってあるんだと思うよ。自分でもよく分からないけど。だって、金髪だって今までもやってるんだよ。ジョンコナーの髪型だってさ、結構長いことやってるんだから。3年ぐらい前からまたやり始めたけど、その前だって、金髪でジョンコナーの髪型してた時期もあるけど、誰も俺の事を見つけてくれなかった(笑)。ファンはもちろん見つけてくれてるから、マニアの人達だけのお楽しみ、みたいな感じで。それはもちろん、それがあっての私ですから。感謝してますけども。なんかでもファンの人達も面白いよね、ファンが増えるってことで、嬉しいって人と、悲しいって人がいるんだって。私だけが知ってるみたいなさ。そういうのがあるんじゃないの。
いやー、でも嬉しいですね、このまんま、ね、僕をきっかけに他の5人もいますから、たらい回しにされて最終的に、俺のとこに戻って来いよな。男なんて巨万といるんだぜ。でも、俺がいんだろ。。。。すいません、取り乱しました。

というわけで

「三宅健のラヂオ」

■ラジオ・ネーム:ゆき
健くんこんばんは。
いつも楽しい夜の時間をありがとうございます。
先日のアウトデラックス、おもしろ可笑しく拝見いたしました♪
特に陳さん劉さんコンビは想像の上をいくクオリティで、世間も「三宅健おもしろすぎ!」と沸いておりました。マツコさんや矢部さんも大絶賛でしたね。
もっともっと見たかったです。
当日までの稽古(?)や、泣く泣くカットされたお話があればぜひ教えてください。

三宅:そうなんですよ。みんな知らないと思うけど、劉さん(福島カツシゲさん)が、どんな格好で出たらいいかなーって、伸びっぱなしの髪の毛ボウボウだったのに、アウトデラックスに出るって決まった前日に、わざわざ床屋さんに行ってカットして来た(笑)。気合い入ってんだよ。で、なんか眼鏡とか持ってきたり、変なね、白いモフモフのベストに蛍光色のトレーナーみたいのを持ってきて、イメージとしては、爆買いしてる中国の人なんだって。
いやいや、そっちじゃないと。劉さんはそっちじゃないよって言って。で、一応、僕が持ってる私服とかどう?って言って、貸したんですよ。僕のラルフローレンの熊がスキーしてるやつがあるんですよ、やっぱりほら、可愛さを出していかないとダメだから。そんな感じでやっててさ、しかも、やる事が決まったのが一週間前ぐらいのギリギリでさ。
どうしようー、陳さんなんていつ振りだよ、と思って、ぜんぜんやってないのに。
本当は2回目のアウトデラックスで、陳さんだけじゃなくて、劉さんと一緒に出たかったわけ。2010年に福島さんと舞台で競演してて、その時にカッちゃん(福島さん)が劉さんネタを持ってて、最高に面白いと思ったわけ、やっぱり、「コマネチ」とか「だっふんだ」とか、ひと言ネタが多いけど、永遠としゃべってられるキャラクターが欲しいなと思ってたの。ちょうどそこで、劉さんとの出会いがあって、もちろん、舞台の稽古はちゃんとやってますよ、稽古のかたわら、皆さんとご飯に行く、その時に、劉さんと陳さんとして2時間ぐらいずっとしゃべり続ける毎日ですよ。舞台の稽古をしながら、陳さんの稽古も毎日して一ヶ月で取得して、2人で陳さんと劉さんとしてマック行ったりとか、いろんなとこに行って、買い物したりとかしてたんですよ。
マックで陳さんと劉さんとしてしゃべってたら、本物の中国人の人が来ちゃってさ、片言の日本語しゃべってるから、で、本当の中国語で話しかけられて(笑)。いや、本物の中国語は出来ないんだけどなぁ、みたいな(笑)。「モウマンタイ、モウマンタイ」みたいな。
で、そんな事があったんで、2回目にアウトデラックスに出るって話が来た時に、2013年ですね。僕は、劉さんと出たいと、僕にそれを教えてくれた人なんだけどって。でも、TV局の人からしたら、そのネタを観たことも無いのに、なおかつ知らない人を連れて来るって、それはちょっと、、、、、みたいな感じじゃない(笑)それで、三宅さんだけで、ってなって。
で、前回面白かったんで、今回は2人でいいですよって話になったんで、今回は万を持して。僕としては、福島さんに教えてもらったんで、「劉さん」に日の目を見て欲しいって、ずーと思ってたんで。2010年ぐらいから2人で出たいよねって言ってて。いやー、良かったですよ。
2人でさ、久々にやるから緊張しちゃってさ、劉さんとスタジオ借りて練習しちゃったよ。やっぱ陳さんは陳さんで面白いんですけど、劉さんといた方が、ボケとツッコミがはっきりするで、そういう意味では、やっぱり、今回は、お互いの良さを引き出しあったんじゃないですかね、彼ら。と、思いますけどね。彼らは、日本と中国の架け橋になりたくてやってきたみたいですから。日本の良いとこ、中国の良いとこ、それを皆さんと共有したいという想いで来たみたいですよ。陳さんはことわざとかも覚えたみたいで、時間があればアウトデラックスで紹介したかったみたいだったんですけど、時間が無くなってしまったみたいで、出来なかったんですけどね。
でも、ドキドキしてたもん。ほんとにドキドキしてた。なんかキャラクターになりきるって感じだもん。陳さんと劉さんというキャラクターだからさ。

たむむー:完全に入ってましたもんね。

三宅:キャラクターに入んないと出来ないよー。勢いの芸だもん。あと、あれ、声帯にすごくいい。あのしゃべり方。お腹から声でてさ。喉をあんまり使わなくて。


たむむー:初めて見た人はびっくりしたでしょうねー。

三宅:僕を昔から知ってる人達は、「私達は結構前から知ってるけどー」みたいな優越感にひたって頂けると、それが、古株のファンの人達の強みってやつ。いやー、でも、これだけいろんんな人に喜んでもらえて、なおかつ、劉さんも日の目を見ることができてよかったなー。
だって、電車で早速、劉さんですよね?って声をかけられたって言ってたよ。昔は、再現VTRの人ですよね?なんか見たことあるんですよ、ってぐらいしか声をかけられてことがなかったのに、早速、劉さんですよね?って声かけられたんだよねって。喜んでた。

たむむー:福島カツシゲさんってお名前が霞むような気も、、、

三宅:いいんだよー、まずは、なんだってとっかかりだから。まずは劉さんで。劉さんでいこう。劉さんでブレイクして欲しい。
あと、マツコさんと、矢部さんと山里さんの3人のさ、何度かアウトデラックスに出させてもらってるよしみもあって、広く、大きな心で受け入れてくれてるっていうのが前提にありますから、アウトデラックスに劉さんと陳さんは、すごくマッチングするというか、空気感も合うんだなーと思いますけども。
よその番組でどうかはちょっと分からないっす。劉さんも陳さんもまだTPOをわきまえてないんで(笑)。

■ラジオ・ネーム:しぶ
早速ですが、健くんがゲスト出演されたTEI TOWAさんのラジオを聞きました。
(他局のことを、すみません )
三宅健のラヂオとは違って、お友達と話しているような雰囲気の、健くんのお喋りが聞けて嬉しかったです。
その中で、健くんの声にエコーをかけたり、繰り返したりしていたのが面白いなと思いました。
健ラヂでも時々やっていると思いますが、健くんの声を堪能できてすばらしい!と思ったので、よかったらまた健ラヂでもしてみてください♪
「ハマるでしょ?」っていう健くんの声にエコーがかかってたのが最高でしたー!(*´∀`*)

三宅:そうなんですよ、ついこの間、TEI TOWAさんがやっているラジオ番組「SWEET ROBOTS SHOW」にゲストで出演させて頂いたんです。TEIさん、ありがとうございます!!
いやー、面白かったー。ラジオの収録の仕方が面白くてさ。次は1月30日に続きがありますから。くだらないのよ、ほんとにユルすぎてさ、え、家??家にいるの?っていうぐらいユルいからさ。で、レコードプレイヤーが収録してるブースの中にあるの。ほんとにそのまんまその場でレコードを出してかけるの。で、TEIさんとかも、いいかげんだからさ、Aメロぐらいしか聞いてないのに、あ、もう、いいやって、すぐやめちゃうの(笑)。次のにしようって。
で、まったく曲紹介しないんだから。まぁ、いろいろあるんですけど、TEIさんが、「健ちゃんが良い話をしたところは全部カットね」って言って(笑)。だから、どこが使われているか分からないですけど。あのおじさん達面白いんだよ。いずれ、TEIさん達にもこのラジオに来てもらいたいですよ。いろいろと教えてくれる素敵なおじさま達です。


〜♪ MUSIC〜
CHASE & STATUS「Against All Odds」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おやすミントジュレップレモンティー
posted by 三宅健のラヂオ at 01:00| 日記
最近の記事
過去ログ
カテゴリ
日記(580)