2008年02月04日

2008年2月4日のラヂオ

「えーっと…喫煙・飲酒の状況についてお伺いします。
現在の喫煙状態はいかがですか? 
現在吸っている・過去に吸っていたが今はやめた・現在まで吸ったことはない
そうだなぁ…吸ったことないから、“吸ったことない”でいいのかな。
(プ〜♪音)ちょっと、今のオナラじゃないからね(笑)紙の音だからね!
緑内障または高眼圧症 手術を受けたことがある・現在特定の医療機関にて定期的に観察中・現在薬により治療中…うーん、これだな。
そんな感じですかね。…どうしよう、変なのみつかっちゃったら。
あ、すいません。ただいまですね、人間ドッグのアンケート調査に答えてまして、
あ〜、病院に泊まるのがやだよね。
人間ドッグ、聴いた方もほとんどいないと思いますけど(笑)
このラヂオとMyojoでダブルコラボで(前に)やったんですよ、人間ドッグをね。
それ以来ですか。人間ドッグね、今回なんか知らないですけど、
他のメンバーもやってるんですよ。
坂本くんもやったらしいんですけど、泊まりだったんだって。
すーごいやることなくてヒマだったんだって。
あ〜、こんな始まりでいいんですか?…ゆるいラヂオだな〜、ホントに(笑)
気をつけよう!」


ラヂオネーム ふみかさん(千葉県・15才)
『はじめて投稿します。みあけくんが意外に面白くてビックリしました。
うちの母親も健くんの大ファンです。これからもがんばってください。
私もがんばって起きて聴きます!』

「ありがとうございます。初めて聴いたんだ、この子。
ちなみにこの子ね、“三宅くん”が“みあけくん”になってるんですよねー(笑)
打ち間違いだと思うんですけど」


ラヂオネーム なりたんさん
『去年始めに番組の存在を知り、早速部屋のラジオをつけてみたら
聴こえてくるのはジャズばかり…。うちはbayfm入らないんだ〜、と
ラヂオ日記を読んで我慢していましたが、このカワイイ発言を生声で聴きたい!
と悶える日々でした。ところが年末、何の気なしに車のラジオを合わせてみたら
なんと!bayfmが聴こえるじゃありませんか。
そして迎えた1月7日深夜、いそいそと車に乗り込みスイッチオン。
け、健ちゃんの声〜!(うれし泣き)
ちょっとノイズにまぎれていても、通行人に怪しい目で見られても、
これから毎週車で聴きます。
そんな私は45才、小学生の子持ちですいません』

「え〜なんだよねぇ!もう3年もやってるのにねぇ!
ちょっとゆるせないですよ(笑)なにがゆるせないって、
今まで“聴けてる実態調査”とかやってきたじゃないですか、
そんな中で、フラミンゴみたいな感じでさ、片足で立ってとかさ(笑)
すごい、ありえないような体勢でさ、どうにか受信しようとして
聴いてる人もいるって判明したじゃないですか。
にも関わらずですよ!知らなかったっていうね。
ヘタしたら、タクシー乗ったら聴こえるっていう人もいたもんね。
その時だけタクシー乗ってるって。どうにかして聴こうとしてくれてる
リスナーの方がいるっていうのはホント、感謝しなくちゃいけないですよねぇ。
ありがたいです。
そっかぁ、さんざん前半やってたよね、どうやったらもっと電波が
よくなるかみたいな話とかしてたんだよね?
出来る限り多くの方に聴いてもらいたいですよね?ね、コケナワさん?
(この方も初めてみたいなんだけど…byコケナワ)
え!?マジかよ〜!なんですか…?」

ラヂオネーム しょうちゃん
『番組の最後で言われているキーワードってどうすればいいんですか?
何かの応募の際に必要なんですか?
去年の秋ごろから聴いているんですが、わからないので教えていただけたら
うれしいです』

「ははぁ〜、この人も途中から聴いているから、キーワードがわかんないと。
それじゃ意味ないですね(笑)
あれ?キーワードって、あれ(サイト)にも載せてないんだっけ?
載せてないんだ、オンエアのみか〜。(すみませんbyスタッフ)
あの、毎週発表してるキーワードをメモしていただいて、
その文字を文章にしていただいて、このラヂオに送っていただくと、
素敵かどうかわかりませんけども(笑)何かいいことがある、
何かがもらえるかもしれませんよ、ということなんですけど。
まぁでも、ずっと聴いてくれている方も、新しく聴き始めてくれた方も、
末永くこのラヂオを愛していただき、時には居眠りしていただいても
かまいませんから、そういったつながりが持てるというのは幸せなことだと
わたくし 三宅健は思っておりますので」


ラヂオネーム みゅあさん
『健くん、こんばんは。先日、嵐 二宮和也のラジオを聴いていたのですが、
ニノは健くんを“健ちゃん”て呼ぶじゃないですか、後輩なのに。
うわー健くん、後輩ちゃんにも好かれてるんだなと思ってうれしくなりました。
他にも後輩ちゃんに何て呼ばれてるんですか?
また後輩ちゃんとのエピソードがあれば、話してくださいな。
P.S.私が以前出した企画ってボツなんですか?楽しみにしてるのに…』

「なるほど。このみゅあさんが言っている企画というのは、
ちゃんと僕読んでまして、すごい面白くて、ちゃんと読みますけども…
“我が国日本は、面積は狭いにしても人口は数億にのぼる。
現在日本には1都1道2府43県あるが、ついにもう1つ新しくできるという。
その名も三宅県!健くんが三宅県に住む人を紹介してほしいのです。
健くんが気になっているアーティストの方とか、なんでもいいです”と。
すごく面白いし、ボツなわけじゃないですよ。あっためていこうと思ってまして、
あっためすぎてますけども、今後やっていこうと考えてますから。
ボツってわけじゃありませんからね〜!
で、なんでしたっけ?二宮くんがわたくしを“健ちゃん”と呼んでいると。
まぁ、いつ頃からあの人が僕のことを“健ちゃん”と呼んでるのか
知りませんけどもー、まぁ二宮くん独特の、なんていうですかね、
別に呼ばれて、何で健ちゃんて呼ばれなきゃいけないんだよ、とは
思いませんから。
ん〜、しらたきくんとはそんなに面識はないんですけどねー(笑)
たまに番組で一緒になったりしたら、お尻触るくらいで(笑)
たいした会話はないんですけど。
カウントダウンライブの時も、借りてきた猫のように隅の方にいるっていう
一番よくないパターンですよね(笑)
なかなかコミュニケーション取れないでいるっていう。
あ〜またカウントダウンライブでも一人か、ってふっと隣を見ると
森田くんがいるんですよ(笑)
で2人とも、今年もまた終わるねって言って、
なんかみんな盛り上がってるねっていうのが、毎年の感じなんですけどね(笑)
その隣で井ノ原くんが色んな後輩やら先輩やらとたわむれてるっていう、ね。
井ノ原くんはいいな〜って。
なかなかねぇ、そんなに後輩の子たちと食事に行くっていう機会もないし、
偶然どこどこで会うっていうことはありますけどね。
前におもしろかったのが、和食屋さんでご飯食べてたら、
隣の個室が、今井翼くんだったんですよ。
“今隣に今井翼さんがみえてますよ”って、お店の人が僕に教えてくれたので、
“どんな方といるんですか?”って一応ね(笑)いきなし飛び込んでってさ、
わかんないよ、もしかしたら女の子といるかもしれないしさー、
大事な商談、会社の社長じゃないからないと思うんだけどー、
“男性の方と二人です”っていうから、じゃお酒を差し入れてあげようと
思ったの。でも、隣の個室のお客様からですとか、つまらないじゃん。
だから持ってたの、僕がお盆持って。
“すいません、失礼します♪”って高い声で、襖開けて
“あの〜お酒を”って言ったら、すっげえビックリしてた、翼が(笑)
目ん玉3倍くらいでっかくなってたもん。
翼が“あ、あ、あ、健くん…!”とかって言って。
これ飲んでよ、って渡したらすごい喜んでましたたけど。
っていうことが一回ありましたけど、珍しいですよ。
そのくらいですかね〜」


ラヂオネーム めろんさん
『こんばんは。健くんはもう剛くんの舞台「IZO」を観に行かれましたか?
私は何回か観劇しましたが、全公演泣かされました。
剛くんにしか成しえない役だと思います。本当にすばらしい作品でした。
剛くんファン第一号の健くんの思いの丈を聞きたいところです』

「観に行ったんですけども、本当にすばらしい作品で。
岡田以蔵っていう役は、ホントに剛に似合ってるし、
剛にしか出来ないんじゃないかって、お芝居観てて、目の前に以蔵がいるって
思えましたからね。
剣でしか、剣をふるう事で、人を斬ることで、自分を表現することしか
出来ないっていう。元々映画で勝新さんがやってた役なんですよね。
いや〜、しかし森田くん、良かったですねぇ。
なんなんだろうね?あの男の、こう、なんていうのかなぁ…
だたそこにいるだけで“色気”を放っている、ある種妖艶でもあるような、
男なのにね。あの色気っていうのは、僕には出せないですわ。
素晴らしいと思いますよ、ホントに。
…なんてまぁべた褒めなんじゃないの、これは(笑)
このべた褒めもあれですよ、森田くんファンへのよいしょ、みたいなところも
ありますからね!
いやでもホントに、良かったですよ」


「それでは、今日はですね、ニュージーランド人の父と日本人の母を持つという、
シンガーソングライターの方で、その方が名曲中の名曲、イルカさんの
“なごり雪”をカバーしておりまして、英語と日本語が織りなされるこの曲が
おもしろくてね。イルカさんのと迷ったんですけども、今日は、この
キャットで“なごり雪”をお届けしたいと思います、どうぞ」

KAT/ナゴリユキ♪

「みなさん、どうでしたか?ナゴリユキ。
英語と日本語が混じっていて、おしゃれなごり雪って感じで、
イルカさんのなごり雪とはまた一味違った良さがあるんじゃないかと
思いますが。
雪と言えば、森田くんの舞台を観に行って、その日に、
“あ〜この人そういうこと思うんだなぁ”ってことがあって、
その日ね、一幕とニ幕の間に客席にいれないからって、
楽屋に退避してたんですよ。で、あいつが二幕の準備をしてる時に
僕と会ったんですよ。で、僕のゆる〜い感じがあの人の緊張感を
良くも悪くもほぐしちゃったらしくて(笑)そしたらあいつ、二幕目に
噛んじゃってて、“おまえのせいで緊張ゆるんじゃったじゃねーかよ”って
言ってたんで、その日の夜に“すいません、楽屋にお邪魔して
集中力を欠けさせるようなことしちゃって”ってメール送ったのね。
差し入れを持ってったんですけど、だたの紙袋だとつまんないなと思って、
ここ(番組で)紹介した風呂敷店さんで、包んでもらったんですよ。
椿かなんかの花の形にしてもらって、
女の子にあげるプレゼントじゃないんだから!(苦笑)って思いながらも、
あげたんですけど。
変な話ですよ、風呂敷のラッピング代が結構かかるわけですよ、
あの男に果たして、風呂敷の良さが伝わるのかどうかっていう(笑)
風呂敷、あの人使うのかね、あげてから思ったんですけど。
で、メールをしたわけですよ、お疲れさまでした、と。
そしたら次の日の朝7時!7時に、寝てたらメールのバイブ音で起きちゃったの。
森田くんから、“グットモーニング”っていうメールが来て、
“外は雪だ。ロマンチックだなぁ”っていうメールをあの人が送ってきて(笑)
何なんだろう?って思って、
“身も心もあんさん、以蔵さんになられてるわけですか?”っていう
メールを送ったんですけども。珍しいんですよ、あの人がメールしてくるの。
まぁ、僕が行ったのがうれしかったのかなって思ったんですけど。
ちゃんとありがとうが言えるカワイイやつですよ。
…てなわけで“なごり雪”っていうね!(笑)
ちょっと気持ち悪かったの、僕もいわれて起きて気づいたわけ。
カーテン開けたら雪が降ってたから、“わぁ〜雪だ!キレイだ!”って
メール送って。カップルか!っていう話ですよね(笑)」


ラヂオネーム 鮎さん
『健くん、こんばんは。今さらですが、V6の新曲“way of life”のPVでは
メンバーで手をつなぎながら歌ってますよね?
私はあのPVを見た時、とても衝撃でした。
なので、どういう経緯であのPVを作ったのか聞きたいです。
あとメンバーと手をつないだ感想も教えてください』

「なるほど。これはですね、PVを撮影した監督さんなりに思う
“way of life”に対するイメージを膨らませていただいて、
その中から、僕たちに手をつないで歌ってほしいという要望で
撮影をすることになったんですけど。
“どういった意味がそこにあるんですか?”って話をした時に
監督さんがおっしゃってたのは、
“なんとなくこの先の未来に不安があるし、すごく明るい未来が想像できない
けども、これから生まれてくる未来の子供たちのために、
精一杯出来ることをやって、前向きにがんばっていこうという意思を感じた”
ということだったんですよ、この曲に対して。
で、それが20代から30代にかけての男性たちの生き方や人生にも
重なるんじゃないかっていうことで、
それで、手をつなぐっていうことを思いついたらしいんですね。
それはどういうことなのかというと、閉塞感のある限られた空間の中で、
動けない状況、身動きが取れないという状況の中で、
人と手をつないでいる、誰かと対峙しながら、人が目の前にいることで
自分をかえりみる、人に自分を映す、己を映す…ということを思いながら
歌ってほしい、という要望だったんですけども。
僕自身も思ったし、周りのみんなもそうだと思うんですけど、
なかなか、大人になってから男同士で手をつなぐってことって
ないじゃないですか。ま、女の子はあるかもしれないけども。
なんか、それも新鮮で。純粋に、ただ人と手をつなぐっていう行為だとか、
人が隣にいるっていうことだとか、手をつないだ時に感じる人の温もりとか、
手をつなぐってことの意味を改めて考えさせられた、
そんなPVでしたけどねぇ。
…とか言って、また真面目なこと言っちゃって(笑)
ぜんぜん真面目じゃないんですけどね」



posted by 三宅健のラヂオ at 00:00| 日記
最近の記事
過去ログ
カテゴリ
日記(512)