2016年05月17日

2016年5月16日のラヂオ

三宅:2016年5月16日㈪24時をまわりました。
さぁというわけで、三宅健のラヂオ始まりました。
佐久間!佐久間!
あっ!そうかもういないのか・・・そうだ、昨日で滝沢歌舞伎終わったんだった。
いないんだ・・・。
はい!というわけで、昨日無事に滝沢歌舞伎、大千秋楽を迎えましてですね、終わりました。
この三宅健のラヂオでも2週に渡り、Snowmanの子たちが出てくれまして、それに対するメールも居ただいているので、紹介したいと思います。

■ラヂオネーム:めい
健くんこんばんは!
私はSnow Manのファンです。
前回はSnow Manをゲストとして呼んでくださってありがとうございました!
特に健くんと佐久間くんの息のあった掛け合いが面白くて、何度も聞いて笑っています。
この前雑誌のインタビューで、佐久間くんが踊っているときに健くんが「踊るな!」と声をかける定番のいじりがあるとSnow Manが話していました。
どんなやりとりなのかぜひ詳しく教えてください!

三宅:これはですね、僕のやったメイビーというV6の曲の振付にジュニアのThey武道の林翔太君とSnowmanから佐久間がバックに2人がついてくれていたんですけども、その振付の稽古期間中にしていた時にですね、佐久間に踊るなと、もう出来ていると、出来ているからこれ以上練習しなくて良いと、じっとしていろと俺は林君と仲良く練習するから、佐久間はじっとしてて良いと椅子に座ってて良いと、これ以上やる必要はないと、これ以上やっちゃうと逆によくないと、もう出来上がってるから、これ以上練習しちゃうと逆に崩れてきちゃうから、練習するなっていうのを言って、練習をさせないっていうのをやってましたね。
僕のパートを一番最初のジュニアの子たちとSnowmanが出てくる前のパートを覚えたいのか、何なのか知りませんけど、練習したりとか、だからもう踊るなと、っていうやり取りがあったという話です。
続いて

■ラヂオネーム:佐久間くんファンのミンティア
健くん、佐久間くん、こんばんわ(←佐久間くんがいる前提(笑))
先日、Snow Manの佐久間くん、宮舘くん、岩本くんの出演に驚きました!!
健くんと3人がとても楽しそうに話をしていて(特に佐久間くんね)、とても温かい気持ちになりました!!Snow Manと仲良くしていただき、本当にありがとうございます!
さて、健くんが佐久間くんのファンの人に「どーにかしてよ」とつぶやいた件ですが「どーにもなりませんので、これからもよろしくお願いいたします!」。私は6年くらい佐久間くんを見ていますが、初めてあんなに夢中になってる姿を見ます(笑)
前に「恋させた責任はとるよ」と言ってましたよね、、、責任とって、諦めてください(笑)
では、今後も佐久間くん、ならびにSnow Manをよろしくお願いいたします( ´∀`)
P.S.ちなみに、お二人は性格、そっくりですよ!!

三宅:うわぁ〜やめて〜やめていただきたい。
いやいやもう彼女じゃない勘弁してよ、だってあれ途中で誰かに似ているなって気づいたんだよ、誰かに佐久間似てるなってこの間からずっと思っていて、公演中に気づいたから伝えたんですけど、フェイスブックの創業者、マーク・ザッカーバーグに似てるなって思って、というよりは、そっちよりもサバンナの高橋さんに似てるって話なんですけど、良く言わるんですって言ってて、まぁどうでも良いんだけどさっていう話をしてたんだよ。
もう良いよ、佐久間の話はもういいんだよ、もう勘弁してくれよ、勘弁してくれ〜。

「三宅健のラヂオ」

三宅:いや〜、開放されたぜ。
本当になんかもうしつこさを通り越したからな。
えー、滝沢歌舞伎関連のメールを沢山頂いておりますので、いくつか触れていきたいと思います。

■ラジオ・ネーム:☆姫美☆
健くん、スタッフの皆さんこんばんは。
いつも楽しい時間をありがとうございます☆
滝沢歌舞伎、観劇させていただきました!!
感動ばかりで書きたい事は沢山あるんですが、
1つだけ気になった事をお聞きします!!
滝沢歌舞伎、一章の『祭り』での事なんですが、
あのダンスで使われてるメロディーが
『WAになっておどろう』に聞こえるんですが
そうだったりしますか?
是非教えてください☆

三宅:そうです!バレました。
そうですよお三味線でWAになっておどろうのメロディーを奏でられてるんですよ。
まぁ、滝沢の粋なはからいってやつじゃないですかね。
続いて

■ラジオネーム:はこみな
健くん、スタッフの皆様こんばんは。
いつも楽しく拝聴しています。
4月25日放送で“奥様たちにとってジャニーズが良質な美容液になるのであればピッチピチのツヤツヤにしてお返ししますよ”と言っていましたが、
本当にピッチピチのツヤツヤになりましたよ!!
私は4月26日が誕生日で滝沢歌舞伎の27日公演のチケットを旦那さんがプレゼントしてくれました。
子供がまだ小さくて行けないと思ってたので嬉しくて。
せっかく健くんに会えるなら少しでもキレイになって行きたいと思って、美容室に行ったり久しぶりにネイルをしたりオシャレを楽しみました。
当日も健くんのカッコ良さにキュンキュンさせられっぱなしで…ニコニコ顔で帰宅した私です。
そんな私を見て“健くんのためにねぇ”と旦那さんは言っていましたが、オシャレ心を取り戻した私を見て健くんに感謝をしていました。
これからは旦那さんのためにもキレイでいたいと思います。
滝沢歌舞伎は本当に言葉を失うくらいカッコ良かったです。
ステキな時間をありがとうございました。

三宅:良かったですね〜。
お洒落ゴコロを取り戻した奥様が、これは良かった。
いやぁでも旦那さんが良い人じゃない、ちゃんとチケットまで用意してさ、イケてる旦那だな。
ちゃんと奥様の事を理解して、そうやってそうしとけば良いの、何も機嫌を損ねるようなことをわざわざしなくて良いの。
そうなんだ。なんとかも木に登るっていうしさ、おだてれば・・・っ!聞こえちゃった。
(笑)ブヒッ!おだててやるブヒッ。
良いですね。旦那さんも嬉しいでしょ、自分の為に今後オシャレをしてくれたら、是非ともしてあげてください。
続いて

■ラジオネーム ゆりこ
健くん、スタッフの皆様、こんばんは。
いつも楽しいラジオをありがとうございます。
4月30日に滝沢歌舞伎観劇させていただきました。
骨折と聞いていたので、ダンスとか大丈夫なのかなと思って観劇し始めたのですが、最初のMaybeのダンスでは本当に怪我してるの?と聞き返したくなる程、怪我なんて感じさせないダンスをしてる健くんを見て、思わず涙が出ました。
Maskも最初の椅子に座ってクタッとしてるところからゾクゾクして、難しいと言っていたダンスの完成度の高さに驚きました。本当にかっこよかったですし、生で観られて良かったと心から思いました。
歌舞伎が終わったら、新曲リリースでまだまだ忙しいと思いますが、しっかり怪我を治してくださいね。今後に響いては大変ですので。
願わくは、怪我が完治したらどこかの機会でMaskをもう一度踊っていただきたいなと密かに思っております。

三宅:沢山人数がいないと踊れないからね、あそこでもう終わりでしょ(笑)
続いて

■ラジオネーム ピッコロ
健くん、スタッフの皆様こんばんは!
毎週楽しいラヂオをありがとうございます。
今回は感謝の気持ちを伝えたくメールしました。
超プレミアムチケットだった滝沢歌舞伎、幸運にも1枚だけあたり、4月21日の公演を見に行くことができました。
昨年夏から突然V6ファンになった私は、V6としての健くんしか知らなかったので、今回の公演で見せてくださった1人のアーティストとしての三宅健にただただ驚いて、言葉にできない感情で胸が熱くなりました。MaybeとMASK、私には完璧に見えたのですが、怪我がなければ、さらにもっと上があったのでしょうか。 私には、骨折していることを全く感じさせない魂こもったパフォーマンスで、本当に息ができないほど感激しました。
健くんのダンスのときは、会場の空気が違いました。ご本人は気付いていましたか?鳥肌がたちましたよ。本当に最高でした。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
ありがとうございました。
また健くんのダンスが堪能できるような舞台を是非やってください!もう本当にカッコ良くて、死にました…(*^^*)
最後に質問です。多数あるV6の曲のなかで、今回Maybeを選んだ理由を知りたいです。なぜこの曲を選ばれたのでしょうか。この曲に決めた理由をお話しいただけると嬉しいです。

三宅:そうですね、今回は滝沢ができれば新曲が良いと最初言っていたんですけど、僕がやるソロ曲を時間もそんなになかったんで、なんだろうなクオリティが何処まで高められるかって心配が僕の中であったので、V6の持ち曲のほうが良いなって思ったんですよ。
で、滝沢からも健君にしか出来ないことってありますかって話でそういうのをやってほしいんですけどってことだったので、その手話をいかにオシャレに見えるかっていうような事におもきをおいて、やってみたくて、候補曲としてはオープニングなので、明るい感じでお願いしますみたいな話を滝沢が当初はしていたんですけど、フラッシュバックと、メイビーを考えていて、滝沢歌舞伎を何本か過去のものを見た時に、やっぱり凄く賑やかで、一曲の中に色んな作用が詰まってる楽曲だったり、音数も多かったり、するし、演出も次から次へと変わっていく世界って感じなので、そうじゃない、真逆のものが良いなって思ったんですよ。
なんか滝沢歌舞伎の中には無い楽曲、音っていうのがなったら、面白いな〜僕が出る意味があるかな〜って思ったので、で、最終的にメイビーにしたんですけど、好きな人への想いを歌ってる歌なんですけど、それが直接的に目の前に居るお客さん達が対象が自分達に勘違いしてくれるような事になったら良いなってのもありましたかね。
まぁ一番わかりやすい、手話と、歌詞、曲がリンクするような物が良いなって思って、手話がわからない人でも伝わるようなものが良いなって思ったので、滝沢歌舞伎の手話をやってる人は勉強してる人はわかると思いますけど、ウィズラブは、文章対応の手話なんですよ、日本語対応の手話で、僕が今回メイビーにつけたのは、日本手話で、ろう者の人達が使う日本語に対応してない手話なんですよ。
手話を勉強してる人は多分わかると思うんですけど、まぁ僕はろう者の方が見て、なるべく分かる、汲みとってもらえるような手話、意味を捕まえて、手話にしたモノが良いなと思ったので、今回はそうしましたけど。
で、なんかその映像も後ろモノクロの映像で、あえて別世界で、途中から前半戦は手話をやってるんですけど、Aメロ、Bメロ、サビ、で間奏から元の、V6でやってたメイビーの間奏のダンス、で、後半のサビも元々V6でやってるメイビーの振り付けをやりたかったので、どちらも手話も見せたいし、ダンスも見せたいなと思ってたので、なんか滝沢歌舞伎の中には無い振り付けとか、って言う意味でも凄い構成にしたくて、でもそうすると、せっかく手話をやってるのに、後半のサビが手話じゃなくて、ダンスだけになっちゃうのは勿体無いなと思ったので、映像でフォローして、映像の中の僕は、手話をずっとやってるっていう、風にしたくて、まぁ衣装は白と黒だったので、あんまりその代わり映えはしなかったんですけど、本当はもっと真っ赤な衣装だったんだけど、凄く面白い効果が期待できた照明を使っていて、間奏のところでちょうどオレンジとも言いがたい、黄色とも言いがたいようなナトリウム灯っていう照明を使って、照明を使うとセピア色に何でも染まるんですよ、赤でも、緑でも、なんでも、まぁいわゆるトンネルの中のライトなんですけど、そうすると、色があるものでもそのライトの中に入るとただのセピア色に感じるんですよ。
それを僕が私服で出ている手話をやっている映像がモノクロなんで、モノクロには実物の僕を染めることは出来なくても、近いセピア色に実際の目の前に居るステージ上の僕が、セピア色になったら面白いなと思って。
で、間奏イッパイはそういう照明になっていたりとか、色々考えてやりました。
あとは僕のファンの人達にとってはソロコンサート菌武味わえるっていうのを僕の考えの一つではあったかな。
アルバムとして音源化されてるものですから、やぱり楽曲のクオリティは高いですからね。
メイビーを書いてくれた作詞家にあって、話をしてアメリカ手話とか出来ないので、そういうのを詳しい方に教わりながら一緒に考えたんですけど、その人と僕とだと歌詞への捉え方が全然違うから、意味が食い違ってきちゃったりするので、書いてる作詞家本人に会って、一行一行ここではどういうことを言ってるのとか、何がここで伝えたかったとか全部取材して、その中にベストはどれだろうてことを考えながら今回手話をつけたっていう感じですね。誰かとふれあう時もって、その誰かっていうのはこの主人公がヤケッパチになって色んな女の子そういう関係になったのかって捉える人もいれば、ちゃんと付き合うって言葉を交わした女の子が誰かなのか、その捉え方が全然違うので、ソレによって手話が変わってきちゃうから、伝えすぎず、伝えるところは伝えてっていうそのバランスが凄く難しというか、あんまりだって完全に意味を要約し過ぎちゃうと凄く説明的な感じになっちゃうので、そうではなくて、勿論受け手側が聞き手側の人達が感じ取る部分っていう余白を残しながら頭から最後までその人達を導いていくような手話の付け方っていうのかな、手話も手話の歌っているタイミングに合せないと気持ち悪いし見ている人達は、でもそれだけに追われてると、一つの見世物として、ダンスとして成立しなくなってくるんで、ちゃんと音にもはめつつ、手話にもはめつつっていう相当難しかったですね。
で、佐久間と林なんて全く意味がわかってないから、手話がわからないから、変なところに指があったりとかしちゃってるから、ソレを直したり、っていうような感じで今回の滝沢歌舞伎バーションのメイビーだということですかね。
だから結局僕以外誰も手話の事をわかってる人いないから、その、伝えるのが結構たいへんだからね。

〜♪ MUSIC〜
V6「BeautifulWorld」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おやす未来日記
posted by 三宅健のラヂオ at 01:00| 日記
最近の記事
過去ログ
カテゴリ
日記(490)