2017年09月05日

2017年9月4日のラヂオ

2017年9月4日㈪24時をまわりました。
早速メールを読んでいきたいと思います。

■ラジオネーム:
健くん、こんばんは!初メールです!
The ONES ゲットしました!
温感ジャケットとの噂を聞いて楽しみにしていたのですが、ジャケットをみると、そこにはそこそこクッキリとカッコいい6人の姿が…。
私が温めるまでもなく、熊谷の暑さがV6を浮かび上がらせていました(笑)
因みに私と母はジャケットを保冷剤で冷やして、『あ、消えた!』と逆の発想で楽しんでいます(笑)
今年初めてファンクラブにも入り、横浜公演に参戦します。しっかりと聞き込んでお勉強しておきます!

三宅:はい。ちゃんと勉強してください。
分かる!僕も出来上がって貰ったんですよavexのスタッフの人達から、それで家に帰って試してみようと思ったら、家の中が暑すぎて僕達のシルエットじゃなくて、僕ら本人があらわになっちゃってて、僕はスタッフさんにもう最初から顔出ちゃってるんだけど、コレ不良品じゃないのって言って、電話したの、そしたら「あれオカシイですね、三宅さんに渡す前はシルエットになってたんですけど」あ、じゃウチが暑いのかなって、で、しょうが無いからうちのアイスだらけの冷凍庫にアルバムをブチ込んでみたんだけど(笑)それで冷やして元の状態になってから、もう一回自分の手でやってみたかったから、スイカバーとかと一緒に冷やされて(笑)分かるはコレ、そうだよね〜、自分で試したかったよね、その気持分かる。先に楽しみを奪われちゃった感じ、そうなんだよね。31℃で見れちゃうんだ、うちその日31℃あったって事?

■ラジオネーム:マチコちゃん
健くん、スタッフの皆さんこんばんは。
毎週幸せな時間を有難うございます。
NEW ALBUM《The ONES》フラゲしました!!
ずっと気になっていたカミセンの新曲《Get Naked》
歌い出しの健くんパートの歌詞!
ホントにその通りなんです!!と声を大にして叫びたかったです(笑)
健くんに心を奪われてから逃げれず、どれだけ格好いい外人さんより
健くんじゃなきゃダメなんです!
そう、健くんにメロメロなんです!(笑)
今回の曲もテレパシーの時のように、
何曲かある候補曲の中から3人で選ばれたのでしょうか?
そして曲の途中、低い声で突然登場する
おじさんの声が気になって仕方ないです。
もし宜しければ、《Get Naked》の製作裏話を聞かせていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします!!

三宅:コレはですね、途中で聞こえてくる低いおじさんの声の正体は、森田くんなんですよ実は、森田君の声を回転数を下げてるんですけど、あながちおじさんが歌ってわけですから38歳のおじさんが歌ってるわけですから、あながち間違ってないですよね。
コレ面白くて、ミドルは岡田が歌ってて、ハイは僕が歌ってて、ローは森田くんが歌ってて、三人でそれぞれの違う音程を歌ってるんですけど、で、一つの声になるような感じでやってます。
因みに、後半のフェイクは私が担当しております。
コレもそうですね、何曲か候補曲があった中から選ばれた楽曲で僕もこの曲が一番かっこいいなと思ってて、スタッフさんの中でもこの曲が良いんじゃないのって話になってたんですけども、リアーナのクリエイターチームの人達が楽曲を制作してくれて、歌詞はDef Techのマイクロにお願いして書いてもらって、ミックスをわざわざLAまで送って、LAのリアーナのチームがミックスしてくれたっていう話で、向こうの人は歌詞も何も分かってませんから、曲だけ聞いて、歌ってる僕らの歌声だったり、音だったりニュアンスで感じたところにスパイスとして、色々とミックスしてくれたっていう感じですかね。
凄く良い仕上がりになったんじゃないかなと思いますね。
今っぽいし、また1曲名曲が増えちゃいましたって感じですかね。

「三宅健のラヂオ」

■ラジオ・ネーム:あおぽん
健くんこんばんは!
先日、友人に誘われ『The ONES』コンサートに参加させて頂きました。私は今まで、他のジャニーズグループのコンサートには参加したことがあったのですが、V6さんのコンサートは初めてでした。
言葉にならないくらい格好よかったです!とても素敵な空間をありがとうございました!健くんが言っていた通り、公演後に、いっぱいCD買わせて頂きました(笑)
このコンサートで心を撃ち抜かれたので、これからはちゃんとファンとして応援していくつもりです!他の公演も健康と安全に気をつけて頑張ってください!

三宅:ありがとうございます。
ファンとして応援していく「つもり」か・・・まぁでもね、この「つもり」が積もり積もって、本気になる日を楽しみにしようじゃないか。
今回は岡田がちょうど関ヶ原も撮り終わってキャンペーンはしてますけど、撮影期間中ではないということもあって、役から彼は離れていて、とても開放的なようで、凄くツアーを楽しんでいるようでですね、なんか20年一緒に居て初めてかな、だいたいコンサート終わってご飯に食べに行くってなると、トニセン+僕一人って感じなんですね、後はホテルで台本読んだりとかそういう事があるのか、来ないんですよ、でも岡田が名古屋前日に僕らはゲネプロの為に10日に入ったんですけど、その時に移動の車でちょっと誰か俺フレンチ食べに行くんだけど誰か行かない?って誘ってきて、おいおいおいどうしちゃったんだよコイツって思いながら、僕は背を向けて僕の後ろの席だったので、全然我関せずって感じで話を聞いてたんですけど、そしたら井ノ原くんどうするって聞いてて、行くよ良いよって言ってて、健くんはって聞いてきて、良いよって言ったら、なんかアイツ断られたのかと思ったのか、え?健君それどっち?行きたくないって意味の「いいよ」なのか、それとも行っても「いいよ」の「いいよ」どっち?みたいな感じで言ってきて、そしたら、井ノ原くんが「なぁ健、行ってもいいよのいいよだよな〜」とかって言うから、そうだよって言って「そりゃそうに決まってるじゃないか、なぁ健」とかって言って、そうだよそうだよって言って、でも値段はいくらになるか僕もまだ知らないんですけどとかって、幾らだって払うよ払うよなとかって、払うよ払うよって言って、その時その車には僕と井ノ原くんと岡田しか乗ってなかったんですね、他の三人はどうするのって言ったら誘ってみようってなって、結果的に食いついてきたのは長野君で、残りのカミセンリーダー、トニセンリーダーの坂本森田は来なかったんですよ、ホテル組で帰っちゃって、で、それが11・12・13とあるうちの12日の夜に行くことになって、そこはお店は決まったと、本当は10日の日だって美味しいものを食べたかったんですけど、リハ終わった時間が10時とかだったんで、なんだよ〜今日もルームサービスかよとかって思ってたら、名古屋の凄い気の利く名古屋女子のケータリングのお姉さんたちがひつまぶしを用意しといてくれて、それを食べながらゲネプロを終わって、皆で打ち合わせをしてたんですけど、それはその日はそれで終わって、次の日に長野くんプレゼンツのステーキハウスみたいなところに行って、ステーキをたんまり食べて、お腹いっぱいになっちゃってさ、凄かった!美味しかった!!値段は幾らか知らないけど、自分で払ってないから。凄い美味しかったよ。本当に、で次から次へとステーキ屋さんが出してくるから、ステーキを、食べられなくてさ、で、なんかステーキ屋さんがサーロインとフィレとありますと、どちらにしますかと、どちらでも大丈夫ですみたいな感じで、皆はフィレとサーロインのWのやつを頼んでたんだけど、僕はちょっとやっぱり油控えようかなと思って、フィレにしたら、食べきれなかったのか、ダイエット中の岡田くんが私のお皿に自分のサーロインをドンドン投げ入れてきて、そのぐらいの結構な量だったからね、それを食べ終わった後に、6種類ぐらいご飯がありますって、カレー、ハヤシライス、オムライス、牛まぶし・・・色んなのがあります、どうしますかみたいな、でじゃ〜もう全種類行っちゃう?みたいな、全種類をちょっとづつ皆で食べようって言って、量も凄く少なくしてもらって、ちょとづつ皆で食べて、でもあれ凄いね、女子の気持ちがわかったね、お腹パンパンなのにさ、最後にもう食べられないよって言ってたら、デザートを出されたら、普通にデザートを全員食べてるの(笑)食べられないって言ってた奴らが、デザートだけはしっかり全員キレイに食べてたけどね。
で、外に出たらさ、夜なのにまだちょっと空が明るくて、このままどっか俺たち飲みに行っちゃうとかって、まぁ行かなかったんだけど、そのぐらい楽しくね過ごしてたわけですよ。
面白かった。で、12日は岡田プレゼンツのフレンチに行ってさ、美味しかったな〜。本当に美味しかった。最初にパンが出てきて、バターが出てくるんだけど、燻製バターとか色々あるのね4種類ぐらいあって、選べるの、中でも一番美味しかったのはアオサが入った、バターが凄い美味しくて、なんか磯の味がするよって俺が言ったら、岩のりじゃないとかって岡田が言ってて、岩のりなのかなって言ってたら説明しに来た人に聞いたら、アオサですって言われてた(笑)
美味しかったですよ〜。そういうところでもさ、料理の説明に来る人が居るんだけど、やっぱりいの一番に料理説明しに来る人が行く場所は長野くんの隣だよね。長野さん、こちらはですねとかって言って、凄い説明してたその人は前乗りで、そこで食べた凄い美味しいコーンスープ、とうもろこしの本当に甘いの、凄い糖度のとうもろこしスープ、尋常じゃない美味しかった。なんかちょっと大人な感じじゃない。10年前だったら俺たち手羽先食って喜んでたはずなんだけど、おフレンチに行ってるんだよ名古屋で、名古屋って言ったら土手煮かさ、手羽先とかさ、味噌カツとかじゃん、ひつまぶしとか、それだけで喜んでた筈がさ、大人になっちまったもんだな。
で、岡田がさ、みんなが上手い上手いって言うもんだからさ、自分がプレゼンツのお店で皆が美味しいって言ってくれて、アイツ内心喜んでたと思う。あの子は褒められたい子だからさ、常に、やっぱりデビュー当時とかそういう所あるんだよ、褒められたいの一番下だから、でも一切褒めないのがV6だから、絶対に褒めないから、で、心から美味しい店連れてきてくれて、ありがとうなって言ったもん。
そしたら恥ずかしそうに、「う、うん」って言ってた。
美味しかったな〜。いや〜美味しかった。
またちょうど良いの量がおフレンチは、パンパンになるわけでもなく、程よい多幸感、満腹中枢が徐々に満たされていく感じ、名古屋に居ながらも、気持ちは昼下がりのシロガネーゼだったから、俺だって萬田久子さんしか被らないような凄いハット被ってるような気持ちだったもん。
それでね、僕も友達がフレンチのシェフをやってる友達が居て、10代の頃にその友達のお父さんのお店にご飯を食べに行くっていって、初めてのフレンチだったんだよ、行くってなったらジーパンはダメだってなって、ジーパンじゃ入れてくれないからってちゃんとした正装で行かないと行けないからって、正装して行った記憶があったんだけど、なんとなくお店にも寄りますけど、今はそこまで厳しくないと思いますけど、でもまぁジャケットを持ってなかったりしたら貸してくれるところがあるぐらいだから、短パン、ジーパン駄目とか結構あったりするから、どうするそんな一張羅俺ら用意してないよって話になって、どうしようかって言ってたら、あるじゃんとかって、刹那的ナイトの西陣織のあの貴族みたいなジャケットで良いじゃんとか、オープニングの衣装も着れるじゃん、ジャケット幾つかあるじゃんって、それぞれ色とりどりのやつ来ていくかとかって、安心になったんだけど、面白いから、次の日のMCでとりあえずそれだけ来ていって写真だけ撮ろうかって話にもなったんだけど、来ていかなくて良かったね、相当な場違いだったね、もし着ていったとしたら、凄いちゃんとしたお店だったから、他にもお客さん居たし、俺達だけの貸し切りだったらそんなバカな事をしても良いかもしれないけど、もうとんだ迷惑だね。だってお店の内装より光っちゃってるんだから、俺達が、お店のシャンデリアより俺たちのほうが光っちゃってるんだから、それはマズイでしょ。衣装で行ったら面白いなって思ってたんだけど、流石にそれをやる勇気はなかったね。もう10個ぐらい若かったらやってたかもしれないけど、悪ノリでさ、流石にみんなそこは大人になったんだ。また何が良いってね、一発目ねお絞りが出てきたんだけどね、お絞りがまた凄い良い匂いフローレンスって感じ。
お絞りがね臭いお店はね、いただけないものがあるよね。
あと一瞬だけフローレンス?って思うんだけど、吹いた手を嗅いでみると、手が臭くなってるっていうやつもあるから、そういうねフェイントみたいなやつもあるからね、でもこのお店はフローレンスを感じた後の自分の手もフローレンスだったね。だからそういうお店は信頼出来るよね。あ!フローレンスのお絞りは違うは、それ出てきたのフレンチじゃない、フレンチでお絞り出て来るわけないんだから、ステーキ屋さんだ、いや〜でもね〜やっぱり良いよね、美味しい。美味しいものを食べられて幸せな事だよ。お酒が大好きな人だったらね、土地々々のお酒を飲んでさ、美味しいねって言うさ感じなんだろうけど、長野くんと俺は飲めないもんだから、長野くんはブドウのジュース、僕はすりおろしリンゴのジュースを飲んでた(笑)
岡田と井ノ原くんは白ワインとか飲んじゃってたけど、で、俺達もグラスに入ってるすりおろしリンゴだよ、乾杯ってした時にカチンって音はなるから、いや〜次は何を食べるかな〜楽しみだな〜、美味しかった♪岡田に感謝しよう!
ありがとうございました!!

〜♪ MUSIC〜
V6「SILENT GALAXY」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おやすミエルコーン
posted by 三宅健のラヂオ at 01:00| 日記
最近の記事
過去ログ
カテゴリ
日記(503)