2017年09月26日

2017年9月25日のラヂオ

三宅:2017年9月25日㈪24時をまわりました。
さぁ、それでは早速メールを読んでいきたいと思います。

■ラジオネーム :あかり
こんばんは
いつもしあわせなラヂオをありがとうございます!
わたしは大阪3日目にコンサートに行きました!久しぶりに大阪城ホールのスタトロが復活してとても嬉しかったです。
健くんが前にラヂオで
"自分のうちわを持っている人をなるべく見るようにしている"
と言っていたので、一生懸命うちわを振りました。そしたら健くんが指差ししてくれました。
"ファンサしたら崩れ落ちちゃう子もいて楽しんでる"
とも前に言ってましたが私はいざされてみると放心状態になってしまうタイプでした笑
おかげで健くんから目を離すことができず、他2人のメンバーを見るのを忘れていました笑
ほんとにしあわせでした。ありがとうございました。
たったそれだけのことなのにこんなにも1人の人を幸せにできる健くんの仕事って本当に素晴らしい仕事だと改めて思いました。これからも大切にしてください。そんな健くんをこれからも応援していきます。
今までよりもずっと大好きになりました
早くも三宅ロスです
残りの公演もがんばってください!!

三宅:ありがとうございます。

■ラジオネーム :さよ
健くん、スタッフの皆さんこんばんは。
先日、V6 LIVE TOUR The ONES 大阪公演に参加させて頂きました。
今回、健くんが乗ったトロッコが目の前に止まるという奇跡が起こりました。私自身、健くんファン歴は長いのですがV6のライブはまだまだ新参者でこんなに近くに、あの三宅健がいた事が今でも夢のようです。
そして、うちわを片手に気付いてー!思っていた所、健くん気付いてもらい笑顔でお手振りをして頂きました。
8月28日の放送で健くんは『自分のファンを探している。崩れ落ちてくれる子がいると軒並み倒していきたくなる』と仰ってましたが、私も正直崩れ落ち、泣きそうになりました。
ですが、即座に『健くんに泣いてる顔見られたくないし、こんな時に崩れ落ちて1秒でも大好きな健くんを見逃してたまるか!』と踏みとどまりました。
健くんが行ってしまった後、そして帰る際も放心状態で夢だったんじゃないかと思いながら現在も過ごしてます。
ライブはといいますと、セットもすごい!演出もすごい!本当に圧巻で、時にはわちゃわちゃしてすごく楽しそうな姿を見れたりと本当に楽しすぎるぐらい素敵な時間を過ごせました。
またV6の皆さんに会えるように、しっかりと仕事を頑張ります!!本当に最高の時間をありがとうございました。

三宅:良かったですよ楽しんでいただけたようで♪
かなり近くまで行くからね、トロッコに乗ると。
いつもだったらトロッコよりも外周があって、外周で歩いて皆の近くに行くんですけども、今回はトロッコを使って皆さんの近くに行ったりしてるんですけども、それはそれでまたね、違う近さがあるというか。

■ラジオネーム:純加(あつか)
健くん、スタッフの皆さんこんばんは。毎週ハッピーな時間をありがとうございます。
私は9月9日、大阪城ホールでのコンサートに参加しました。今までで一番ステージに近い席で、健くんたちのパフォーマンスを身近に見られて夢みたいな時間を過ごすことができました。素敵な時間を本当にありがとう。
健くんは以前、自分のファンの子を見つける、と言っていましたが、視覚以外にも聴覚で見つけることはしていますか?私たちの声は届いているのでしょうか。歌いながら、動きながらなのでトロッコに乗っている間忙しいと思うので、ファンの声がどれくらい聞こえているのか気になります。どんな風に聞こえていますか。よかったら教えてください。

三宅:これはですね、特に楽曲が流れて歌を歌っている間っていうのは、ほぼお客さんの声は聞こえてないですね。
あの〜、イヤホンモニターっていう自分たちの耳の形をかたどったイヤホンをしているので、内耳の中にセメントの液体を流し込んで本当に外すと結構グロテスクなんですけど(笑)自分の耳の中の形をしてますから、渦を巻いてるんですよ、エスカルゴみたいなやつを耳の中に装着してるみたいな感じの形をしてるんですけど(笑)それをしてるので、完全密閉されてる感じなんですよ耳の中が、だから基本的に音楽がなってる時は、ほぼ聞こえないですね。
なので、オープニングだとかそういう時っていうのは、僕達がイヤモニをして音楽が流れてると全く会場の声が聴こえないので、スタッフさんがちゃんとお客さんの、その日の会場の温度だったり、空気感っていうのが僕達にも感じてもらえるようにってことで、みんなの客席の声をマイクで拾って僕達の耳に流してくれたりはするんですけど、だからたまに僕はみんなの声が聞きたいなって思ったりしたら、イヤモニを外したりとかしてるんですけど、片耳を外してる時は勿論呼んでもらえればちゃんと聞こえますけど、両耳をしてるとなかなか聞こえないですね。

「三宅健のラヂオ」

三宅:あとはなんだろうな、例えばジャニーズ特有なんですけど、普通のバンドのアーティストさん達って、本ステージって所謂、メインのステージがあるじゃないですか、そこから花道に行くことってあんまりないですし、ましてやリフターって言って上下するステージがあるじゃないですか、そういうものもなかったりするので、そんなに移動しないじゃないですか、でも僕らの場合、メインステージがあって、バックステージがあって、センターステージがあってって色んな所に行ったりするので、そうすると、音がずれちゃうんですよね。
メインステージのスピーカーの音と、バックステージのスピーカーから出てる音って、音がずれちゃってるんですよ、そうすると片耳を外すだけでも結構音がずれちゃうから、大変な事になるんですよ、で、片耳を外しながら歌うって至難の業なんですよ、だからなかなか外周に居るときっていうのは特に自分が歌っている時っていうのは、イヤモニを外すっていうのが出来ないんですけど、自分が歌ってないときはね外したりはするんですけどっていう感じですかね。
というわけでね、本当にこの他にも大阪公演に来てくださった方々のメール沢山まだまだあるんですけども、大阪楽しかったね。
美味しい物もいっぱい食べれたしね。
このツアー中にですね、名古屋、福岡、大阪、仙台までやってきて、細かく言うとまだ仙台は僕の中では終わってないんですけど、仙台まで今日終わってるんですけど、ONAIR上は、それまで、ツアー終わったあとの食事会にですね、レギュラーメンバーの長野、井ノ原、三宅、岡田、この4人のレギュラーメンバーは必ず行くんですけども、他に2名、坂本、森田が不参加が続いてたんですね、なんですけども、大阪の2日目にavexさんが開いてくれた食事会がありまして、そこに補欠メンバーの坂本、森田も参加するという事に相成りまして、なんですが、その日に限って、長野博が居ないっていう、でまぁその会場のみんなにMC中に見せる為に食事が終わった後に皆で記念撮影をして、その日の食事会の証拠写真を撮ったんですけど、長野くんの代わりに入れ代わり立ち代わり、4人位のうちのavexの男性スタッフが写り込んでるっていう、長野くんの代わりに。っていう写真をMC中に出したりしてっていう事があったんです(笑)

■ラジオネーム:ひかり
三宅くんこんばんは、いつも楽しいラジオありがとうございます
早速ですが、私は今回の大阪城ホール初日のコンサートに参戦させて頂きました!!
V6の雰囲気や、V6の顔をまじかで見て現実とは思えないほど楽しかったです!
そして、私は今回初めて沖縄から大阪へ一人旅をしました。
私はワクワクしていて、期待しか無かったのですが、親がとても心配していて、普段SNSを使わない父がSNSを駆使して私に連絡して来ました。
三宅くんは子供ができたら心配性になっちゃいますか?
お忙しいと思いますが、お仕事頑張ってください

三宅:そりゃ心配になるよね〜。沖縄からだよ!凄いね!沖縄からわざわざ大阪まで来てくれたんだ!すごいね〜しかも一人で。
幾つぐらいの人なのかわからないですけども、そりゃ心配しますよ。
ありがたいね。
沖縄でコンサートやってみたいんだよな〜。
沖縄でコンサートやったこと無いんだよ僕達。
沖縄の場合は、3日間とかじゃないくて1週間ぐらいやろうよ!
1週間ぐらいやってさ、1週間で1日1公演だとして、5days、で、中2日空けて、休憩2日入れてさ、戻るのもあれだから、沖縄に泊まってさ、良くない?!良いよな。
多分・・・予算的に無理だな。

■ラジオネーム:けいこ
健くん、スタッフの皆様こんばんは。
初めてメールします。
V6大阪公演に行きました。
2年前に健くんに恋したばかりの新参者で、今回初めてコンサートにお邪魔しました。
この日をすごくすごく楽しみにしてきました。
歌う健くん、踊る健くん、どの健くんもすごく輝いていてかっこよく、眩しかったです。
まさかの健くんのトロッコが来たときは、近付いて来たときからもう涙が止まりませんでした。
せっかく健くんのトロッコが目の前に止まったのに泣き崩れてしまい、しっかりと健くんを見ることが出来ませんでした。一瞬目の前の健くんが、手を振ってくれたような…と、都合の良い記憶と、眩しい健くんが脳裏に焼き付いています。
せっかく、この日を楽しみにしていたのに勿体無いことをしました。でも、健くんと同じ空間にいられただけで、幸せです。あの一瞬で、この2年が報われました。ありがとうございました。
さて、今回メールしたのは、初めてV6のコンサートに行った立場から見て、ファンの方の素晴らしさを感じたからです。
電車の事故で、開演ギリギリに入ることになったのですが、スタッフの方ではなく、近くのファンの方が、チケットを見て席を探してくれました。
しかも、客電は落ちていたので、ペンライトを使ってチケットを見てくれて、その差し出されたペンライトが何本もあって、V6はこんな素晴らしい多くのファンの方と22年共に歩み、支え合ってきたんだなと、感じました。
V6は、ファンも含めてV6で、V6のことがますます好きになりました。
私も、そんな素晴らしいファンの一員になれるように頑張ります。
助けていただいた皆さん、ありがとうございました。

三宅:いや〜優しいね皆ね。良いじゃん!ペンライトのV6君がチケットを照らしてるわけだよ何本も。
良いね〜。そうなんだよな。V6のファンは出来た子達が揃ってるんだよ!
良い子達ばっかり。ありがたいですよ!
やっぱりコンサートって良いよな〜。
なんかね〜、あとやっぱり可愛い子、見つけるとテンション上がっちゃうな単純に。
勿論別に、可愛いか可愛くないかで判断して手を振ったりするわけじゃないので、そこは分け隔てなく、うちわを持っていてくれれば、自分で私可愛くないなんて思っている人が居るんだとしたら、そういうの関係ないです。
で、自分で私可愛くないって思ってる人が、僕にとっては可愛いかもしれないし、それはもうその人の趣味だったり、価値観だからさ。
自信を持って手を振っていただきたい。
また嬉しいのよ!眼と眼が合ったら、それをちゃんと分かってくれる人は嬉しいね。
で、たぶん印として、わかったらピースしてみたいなのが有ったりするんだけど、なんか素直じゃないんだろうね、ピースしてっていう行為を言われてるのが、なんか腑に落ちなくてやりたくないの。
だからひたすらピースしてって言ってる人に対して、ずっと手を振ってるっていう、なんなんだろうね、やっぱり天邪鬼なんだろうな〜。
だから無視はしないよ、その人の事を無視はしないけど、ただ僕は手を振るスタイルなので、それは変えませんよっていう(笑)
逆に指差しとか、ピースをする事があったら、それはあくまでも自分のタイミングじゃなきゃ嫌なの、北風と太陽みたいなもんなのよ、やっぱりカゼがバンバン来ると、コッチは絶対にコートを脱ぎたくないのよ、でも日に当てられると暑いから脱いじゃうの、それとおんなじ、北風と太陽の心理をちゃんと理解して欲しいな。
例えばさラジオで、誕生日なんでおめでとうって言ってもらえますかとか、呼び捨てで呼んで下さいとか、そういうのはさラジオだから、見えないリスナーのみんなに言葉を送るとか、僕の肉声を通して、何かをするっていうのは、なんのフラストレーションもないんですけど、例えば街中で偶然あったりした時に、今日誕生日なんですけど、おめでとうって言ってもらえますかっていうのって、なんか違和感があるんだよな〜。
なんでだろう、プライベートだからかな?
でも逆にだよ、ずっと20年間大好きでしたなんて言って、たまたま街中で会ったり、お店で会ったりとかして、声をかけてくれた人には、素直にありがとうって感じでいられるんだけど、なんかこう要望が多い、注文の多いレストランみたいな、あんまり好きじゃないんだろうね、そういう絵本あるじゃない、あれと同じで注文の多いレストランは好きじゃないの僕は。
で、逆に何も注文してこないようなレストランには僕はお客さんの側だけど、沢山サービスしてあげたくなっちゃうっていう感じかな?
気持ちとしては、お願いと強要って違う、だからかな?なんかね無理にお願いされると天邪鬼気質な私としてはやりたくないんだよね〜。難しいところだな。
だって、そこはさステージじゃないから。道端だから。
キラキラした衣装も着てないしさ、スターとしてのスター感をなくしても、世の中に溶け込もうとしてる時だから、外で会った時は(笑)
でもコンサートって良いのはさ、ぜんとしてではないけど、色んな箇所に行くからね、安易にコッチが行けるっていうのは凄く良いことだよね。
引き続き、皆さんコンサートでお会い出来る方々、私めも楽しみにしておりますので、皆さん、会場でお会いしましょう!
そしてお近くにお住まいの、今回残念ながらチケットをお持ちで無い方、グッズを買いにいらしてください。
恐らくですけども、気に入っていただけるものになってると思いますので、万が一私を外で見かけた方は、ソッとしておいてください(笑)
あ!思い出した!
コレにしよう!最近ほら太陽フレアが話題だからさ、太陽フレアといえば、やっぱりComing Centuryだから。
それこそ10年ぐらい前にコスミックレスキューっていう映画をやってさ、その中で太陽フレアっていう言葉が沢山出てきたわけよ、だから多分、恐らくだよ、ファンの人はコスミックレスキューって思ってると思うんだよね、太陽フレアって言葉を聞くだけで。

〜♪ MUSIC〜
Coming Century「COSMIC RESCUE」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おやすミャゴラーレ
posted by 三宅健のラヂオ at 01:00| 日記
最近の記事
過去ログ
カテゴリ
日記(515)