2018年10月30日

2018年10月29日のラヂオ

三宅:2018年10月29日(月)24時を回りました。
10月1日都民の日から、リニューアルしようなんてことでですね、いろいろなんかスタッフさんと一緒にですね、試行錯誤を重ね、ジャジーな楽曲で始まったりしてみたんですが、まぁ、私もなんか馴染めないなという感は正直ありましてですね、で、なによりも馴染めてないのがリスナーだった(笑)、っいう話で、えーたくさんのですね、不評を頂いたという事で、10月も終わろうかとしている今日、11月を待たずしてですね、元に戻ったという話ですよ。皆さんほんとに、あの、はいはいはい、そうそうこれこれ、というふうにですね、冒頭からお聞きになってる方は思っていらっしゃるんじゃないかと思いますけども。まぁ、なんか安心しますよね。ジャジーだとね、なんかね、むず痒い感じがするんだよなー、なんかね、キャラに合わない(笑)。というわけで、まぁ、今週から通常に戻るってことですね、オープニングだとかそういうものが。

注:オープニングのBGM等がリニューアル前のものに戻りました。(スタッフ)

はい、というわけで、

「三宅健のラジオ」

さぁ、早速メールを読んで行きましょう。

■ラジオ・ネーム:由香
健くん、スタッフの皆様。こんばんは。
いつも楽しいラヂオを聴かせてくださり、ありがとうございます。
先日、あるバスツアーに参加し、明治神宮に行く機会がありました。
その時に、健くんが以前「木の鳥居の割れ目から良い匂いがする」と言っていたのを思い出し、伝えたところ…
「嘘だよー」とか「聞いたことないよー」と言われたのですが、そのツアーに参加した全員が割れ目をクンクンするという不思議な事態になりました!(笑)
口々に「ホントだ!」とか「ミントの匂いがする!」などと話しており、おかげさまで私はウソツキにならずに済みました。
むしろ「すごーい!なんで知ってるのー?」なんて言われてしまい、調子に乗るところでした(笑)良い情報をありがとうございました!(笑)

三宅:このミントの匂いがする、ってのはさー、そのバスツアーに参加した人がさ、ミンティアとかフリスクを食べてたんじゃないの。絶対そうだと思うよ。自分が食べてたんだよ。で、(クンクン)あれー、とかって言って、匂いがするー、って。ミントの匂いはしないもん。匂いフェチの私としては。
私は神社に行った時に、神社の鳥居、木で出来ている鳥居が、自然にですよ、木自体が自然に亀裂が入って、割れ目が出来たりしてるんですね。その割れ目の匂いを嗅ぐのが好きだっていうのを、ラジオかどこかでしゃべった記憶があるんですが。で、それを嗅ぐのが好きだというのを、まぁ、檜で出来たりすると、檜の良い香りがより一層、その割れ目からしてくるわけですよ。っていうのを、周りからすると、ちょっと変な人に、あの人はなにやってんだろう?と。
まぁ、木の割れ目に鼻を突っ込んで、(クンクン、クンクン)ってやってっるわけですから、まぁ、異様っちゃ、異様ですよね。
それが、そのツアーの場合は、全員がそれをやってるわけですから、樹液に群がるカブトムシみたいな(笑)感じですよね。いや、でもこれ、いい匂いするんですよ。あとね、明治神宮にね、名前忘れちゃったんだけど、結構、明治神宮の建物の中にハートが隠れてるんですよ。僕それを見つけるのが好きで。今度皆さん見つけてみてください。ハートが隠れてますから。建物の中に。

たむむー(マネージャー):僕、明治神宮に入ったことないかもしれないです。。。

三宅:えー、嘘でしょ。マジで!?なんで?

たむむー:入る機会が無かったんで。。。。。

三宅:俺しょっちゅう、行ってたよ。俺の抜け道だったんだから。通学の。ショートカット。あそこに入ったら、代々木に出るか、新宿に出るか、とかさ、出来るんだもん。良いよ、だって、原宿のさ、都心のコンクリートジャングルの中に本物の森林があるんだから。最高だよ。明治神宮。
あと、涼しいのよ。夏場とかも明治神宮の中に入ると、木がいっぱいだからさ、涼しいの。温度がね、ぜんぜん違うんだよ。あと、ここは80年から100年かけて森を作るっていうプロジェクトで作られた場所なのね。なおかつ、人の手を入れず、森を作るってことがテーマだから、厳密にいうと、葉っぱ1枚たりとも、持ち出しちゃいけないわけ。針葉樹と広葉樹のバランスをちゃんと考えて、100年後に綺麗な森になるように、って事で昔作られた場所が明治神宮なんだよね。

たむむー:知らなかったです。

三宅:知らなかったの。まぁ、聞いてよ(笑)タモリさんほど詳しくないけど。


◆◆コーナー◆◆
(コーナー募集に関しては、HPのインフォメーションに詳細の記載があります)

◎「新コーナーの提案」
■ラジオ・ネーム:もとっち
仮タイトル「ラブセン〜三宅先生と恋のお勉強〜」
恋愛に関する名言などの虫食いクイズを出題。不正解の場合はラブセンワード的な甘々なセリフを言ってもらうコーナーの提案。

■ラジオ・ネーム:ゆりか
「健のささやき」
三宅くんにささやいて欲しいワードを募集するというコーナーの提案。
例「まだ起きてるの?はやくねろよ!夜更かしは、お肌によくないぞ!」

■ラジオ・ネーム:KIMIKO
「三宅健の突撃電話!」
健くんと話をしたい内容と自分の番号を明記してくれたリスナーに電話をかけて、5コール以内に出たら話せる、出なかったら次の人、、、というコーナーの提案。


〜♪ MUSIC〜
和田光司「Butter-Fly」(デジモンアドベンチャー)

〜♪ MUSIC〜
MANNA「でてこいとびきりZENKAIパワー!」(ドラゴンボールZ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三宅:では、ここでメールを紹介しましょう。

■ラジオ・ネーム:かはる
健くん、スタッフの皆さんこんばんは
毎週健くんの声が聴けてとってもとっても幸せです!
突然ですが、私は六本木歌舞伎の公演にお着物を着ていきます!
愛媛に住んでいるおばあちゃんが日本舞踊の先生なので、
おばあちゃんから素敵なお着物を送ってもらいます
また、お着物の事で久々におばあちゃんと連絡を取ることができて嬉しいです
来年の公演が本当に本当に楽しみです!

三宅:いいねー、いいねー、17歳でさ、ちゃんと着物着てさ、観に来るなんてさ。歌舞伎だからね、余計にですね。あぁ、いいなー、こうやってほんとに世の中の女性には、みんな着物を着られるようになって欲しいですね。着物を着る機会がね、なかなか無いじゃないですか、花火大会ぐらいじゃないですか。まぁ、あれは着物じゃないですけども。浴衣ですけども。なかなか和装をする機会っていうのは無いと思うので、まぁ、こういう機会に是非とも、着物を着てもらいたいなと思いますけどもね。
着物もピンからキリまでありますから、お安いのをお求めになって、はじめは練習がてら、挑戦してみるっていうのも良いと思いますけどね。で、着慣れて、自分でも着られるようになったら、良い着物をあつらえてっていうのが良いんじゃないですかね。
着物は奥が深いですから。ワンシーズンだけじゃないんで。「絽(ろ)とか「紗(しゃ)」とかいろいろあるんで。それを全部集めてたら大変な事になります。それにね、じゃー、良い紬の、良い反物が入ったらさ、それの帯なんにしょうかなーなんて、どんどんどんどんお金かかっちゃう(笑)。そうなのよ。かかるのよ。履物もそうだし。
あと、保存も大変だからね。湿気に弱いからさ。ちゃんと桐のタンスに入れたりとかさ、しなきゃいけなかったり。
でも、いいですね。こうやって若いうちから、こういうのに触れられるっていうのはね。おばあちゃん観に来ないのかな?まぁ、観に来ないか。おばあちゃん観に来たら手厳しそうだから(笑)。。。あの子出来てないわよーって言われちゃう(笑)。頑張ろっ(笑)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おやす南ことり


posted by 三宅健のラヂオ at 01:00| 日記
最近の記事
過去ログ
カテゴリ
日記(567)