2018年12月18日

2018年12月17日のラヂオ

三宅:2018年12月17日(月)24時を回りました。
さぁ、もうね、12月も中旬に差し掛かって来ましたよ。早いですねー、あっと言う間ですね。
慌ただしくカウントダウンもやって、今年も過ぎ去っていくんでしょうか。まぁ、僕はまだこの12月17日にいないんですけど(※録音なので)、今の日付で言うと、坂本くんが昨日ミュージカルが終わったらしいですよ。大阪公演が。いやー、トップハット。良かったよ。僕がね、今まで観た坂本くんのミュージカルの中で三本の指に入るぐらいよかったね。好きだった。良かった良かった。で、あのシアターオーブの箱の大きさもあって、セットとかも凄く豪華でゴージャスなのね。凄く良かったなー。あとは、多部ちゃんが良かったねー。顔が小さい!!ほんとに。頭身バランスが。すごいもん。でも、なんか、踊りとかダンスやったことない人には見えなかったけどね。素敵でしたよ。いやー、良かったなー、面白かったなー。
で、この日が、にこ健とかにも僕書いたんですけど、井ノ原くんとたまたま一緒で、観劇した日が。そこに(森山)直太朗くんと御徒町凧くんもいて、その四人で観たんですけど、キスマイの藤ヶ谷もいて、なんか楽屋で澄ました顔して、文庫本みたいなのを読んでて、文学少年みたいな、気取ってましたけど。心の中で「なに文学少年を気取ってんだ」って思ってたんですよ、そしたら、井ノ原くんが、「なにお前、読書男子みたいな感じで、文学少年ぶっちゃってんの?会話しようぜー、俺たちと」とか言って。俺は心の中で思ってたけど、口には出さないで見てた。「先輩が前にいるのにしゃべろうともしないで、なに本と向きあっちゃってんの」って。 

たむむー(マネージャー):緊張してるんですよー。大先輩ですもん。

三宅;おれだったらしゃべる、先輩と。

たむむー:三宅さん、しゃべりますもんね。

とくむー(スタッフ):何しゃべるんですか?

三宅:最近どうですか?元気してますか?って(笑)。一幕終わって、戻ってきたら、 直太朗くんが、「やばいね。やばい。危うい展開になってきたわー」とか言い出して。「これどうする?あの2人、ほんとに結ばれないんじゃない?やばくない?」とか言って。「これまさかのバッドエンドって可能性もあるよ」とかいう話になって。みんなでさ、ずっとしゃべってた。

たむむー:ほんとに異様な空間でしたね、あそこ(笑)

三宅:それでずーと一番左端の窓際のところに藤ヶ谷いて、ぜんぜん会話に参加してこないの(笑)

たむむー、とくむー:できないでしょ!!!

三宅:のって来てほしかったよ、こっちは。「そうですよねー」とか言ってさ。俺たちはトップハットの世界に入り込んでる人達みたいで。坂本くんと多部ちゃんじゃないんだもん。役名でしか俺たちには飛び込んでこないみたいな感じでずっとしゃべってたわけ。

とくむー:ほんとは入りたいなーと思ってたかもしれないじゃないですか。

三宅:いやー、バカな人達だなーと思われてたんじゃない。くだらないんだよなー。

たむむー:四人で、もうゲラゲラゲラゲラ、控え室から漏れてるんですもん。

三宅:みんな知ってるからさ。だって、昔だよ、直太朗くんが森山直太朗として、あんなに有名になる前を知ってるわけ。みんな。トニセンと一緒に舞台やってたんだから。トニセンの舞台だから観に行くじゃん。歌のうまいおにいちゃん誰−??みたいな。そんな感じだったんだもん。って感じだから、古いんだよ、トニセンの人達と直太朗くんは。で、その頃から御徒町くんも一緒にいて、御徒町くんは俺たちの作詞も手がけてくれてたり、あのコンビは秀逸なの。
いっつもコンサートも観に来てくれるの。
で、二十日鼠と人間を井ノ原くんが観に来た時に御徒町くんと2人で観に来てくれて。あの人も変わってるんだよな。突然金髪になったりさ。突然スキンヘッドになったりさ。よく会うのよ。直太朗くんもなんか道端でバッタリ会ったり。いろんな人にばったり会うんだよなぁ。
御徒町くんとかはスキンヘッドだとか知らないからさ、変なスキンヘッドの人が声かけてきたって思ったら、御徒町くんだったりして。連絡先とかは知らないんだよ、井ノ原くんの友達だからさ。前も買い物してたらさ、ツンツンってしてくると思ったらさ、直太朗くんで。何やってるの?って言ってくるからさ、この後にMステ、って言ったら、Mステの前にこんなとこで洒落た買い物しちゃって、困っちゃうなー、とか言われて。君だって来てるじゃんってみたいな話なんだけど。そう思うと偶然会ってるね。
面白かったよ、だから、みんなでワイワイ観て。で、終わって、坂本くんの楽屋に行って、坂本くんをひといじりして、帰るみたいな。坂本くんも、ほら照れ屋だからさ。来たら来たで嬉しいくせにさ、出さないタイプだからさ。あ、ありがとう、みたいな。だから、照れてるからしょうがねーなってことで、帰り際に残りも頑張るんだぞってハグしてあげて。そしたら照れてたよ。藤ヶ谷はちゃんと差し入れ持って来てんのに、俺たち誰も持たないで身ひとつで来ちゃって(笑)、後輩がちゃんとしてんのにさ、何も持って来てないっていうね(笑)。

というわけで

「三宅健のラジオ」

三宅:いやー、トップハット良かったわ。良かった。おれ、ミュージカルそんなに観ないの。観るって言ったら坂本くんのミュージカルぐらいしか観ないの(笑)。いくつか観ているのもあるけど、そんなにしょっちゅう観ないから、すごく良かったなぁ。たまたまなんだけどさ、二十日鼠と人間が1930年代の話で、トップハットも1930年代の話なの。だから、二十日鼠と人間で言えば、カーリーの妻のさ、「私はハリウッドスターになるのよ」っていう話をしてたじゃない。で、まさにそのハリウッドスターの頂点にいる人達の話なの、トップハットは。
凄くゴージャスで賑やかなこの素敵な時代、場所にカリーの妻は本当は行こうとしてた。
その夢叶わず、亡くなっちゃったと思うと切ないよね。かたやさ、ほんとにもう、労働者達のさ、汗水垂らしながら働いて少ない賃金でなんとか生きながらえてるっていう人達と、こんなにゴージャスでハッピーな感じの人達。それもまたV6の同じグループのメンバーが時を同じくして同じ年代の作品をやってるって面白くない?

たむむー:それが判明したときは面白かったですよね。

三宅:ほんとはこれをどっちも観た人はすごく面白いんじゃないかなぁ。1930年代のこの時代のイメージっていうのがすごく広がるから、ニコイチで観た方が面白いんですよって感じだったからね。やっぱ俺たち繋がってるのかもしれない。坂本くんと(笑)。俺たちほら、「恋と弾丸」っていう曲も出してるし(笑)。「恋と弾丸」っていうね、松浦亜弥さんが歌っててもおかしくないような歌をおっさんの俺たち2人が歌ってるっていう(笑)。結構前なんだけど。「恋と弾丸」っていうね、すっごい自分でいうのもなんだけど、ダッサイんだよ。
そんときの設定を俺がしたんだけど、場末のホスト2人組のショータイムっていう(笑)すごい小さい小屋で行われるショータイムっていう設定でその楽曲をやったのよ。だから2人共、オレンジとピンクのサテンのシャツに黒いベストと黒いパンツで、お盆持ってるみたいなフリしてるから(笑)。
俺たちはすごくダサいことをとっても真剣にやるっていう(笑)やりきるっていう。坂本くんにも、ショータイムで輝こうとしてる2人のストーリーだからって言って。2人でなりきってやった。ケツをプリップリさせながら。いっちゃってー!!とかいう歌だからね(笑)。
イメージは錦糸町あたりのそういう感じ。そういう場末感だから。十周年の時だったかな。忘れちゃったなぁ。その時はそのアルバムが、俺と坂本くん、井ノ原くんと長野くん、剛と岡田、っていう、ツーペアツーペアで曲をやった、(※ここで「恋と弾丸」が流れる)、あ、ほらほら、きたきた(笑)ダッサイもん始まりが(笑)ね、ヤバいでしょ、ピンクパンサーみたいな感じで。

さぁ、私達V6の50枚目のダブルAサイドシングル「Super Powers」「Right Now」なんですが、2019年1月16日発売となっております。その「Righ Now」をですね、今日はご紹介したいと思います。こちらはですね、清水翔太くんの大人の恋愛ソングとなっております。これまた凄くカッコいい楽曲でですね、女子なら、絶対に言われたい、ワードがちりばめられた、どストレートな歌詞になってますんでね、今回は、振り付けをYOSHIEさんにまたお願いしたんですけども、YOSHIEさんのアシスタントのダンサーの女子達が、いやー、これ言われたいやつですわーって、みんな口々に言ってましたから、女の人は、やっぱこういうの好きなんだなーって思いながら振り付けを覚えていましたけども、まぁ、これがねー、音数はありますけど、割とテンポとかはゆっくりなんですけど、まぁ、曲の割に結構踊ってるなって印象はありますね。難しいんですけど。とってもカッコいい大人なナンバーですね。
「Righ Now」のMVは、それぞれのイメージカットは撮り終わってるんですけど、ダンス部分というのは撮ってなくてですね、これから撮るんですけど、これだけ間が空いてまた同じMVの別の撮影するっていうのは僕らのMVではなかなか珍しいことで、大体ほとんど1日で終わっちゃうんで。まぁ、朝から晩までで、終わりって感じなんですけど。是非とも早く聞いて頂きたいなと思っております。
いやー、「Super Powers」もねー、聞けば聞く程またもう一回聞いてみたくなっちゃうようなスルメソングなんですけど、「Righ Now」はまた、違った意味でね、いいんでね、是非ともみなさんに聞いてもらいたいですね。はい。楽しみにしておいてもらいたいです。って言ったらね、曲流さないのかみたいな感じになってると思うんですけど、はい、あまのじゃくな私は、、、、流しちゃうんですねー。はい。じゃー、どこよりも早いらしいんで、みなさん準備はよろしいでしょうか。それではいきますよー。

〜♪ MUSIC〜
V6「Righ Now」


三宅:ファンのみなさんはこんなの聞かされて、夜もう寝なきゃいけないって時に寝れなくなっちゃうんじゃないでしょうかね(笑)、是非ともシングルを楽しみにしといて頂きたいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おやすミスデイル・トレモント
posted by 三宅健のラヂオ at 01:00| 日記
最近の記事
過去ログ
カテゴリ
日記(589)